ケリー・オーヴァートン

写真拡大

米ケーブル局Syfyが製作する不死身のモンスターハンター、ヴァン・ヘルシングを女性の主人公にしたドラマ『Van Helsing(原題)』の主要キャストが発表された。米Varietyが報じている。

【関連コラム】難事件はオンナが裁く!? 犯罪解決ドラマも女性刑事が大活躍

ヴァン・ヘルシングは吸血鬼ハンターの老教授としてブラム・ストーカーの小説に初登場して以来、数々の映画やドラマ、舞台劇などで取り上げられた、モンスターハンターの代名詞的存在。映画版ではヒュー・ジャックマンのほか、ピーター・カッシング、ローレンス・オリヴィエ、アンソニー・ホプキンス、メル・ブルックス、クリストファー・プラマーらそうそうたる顔ぶれが同役を演じている。

今回のドラマ版はヴァン・ヘルシングの娘ヴァネッサ・ヘルシングが主人公で、彼女に扮するのはケリー・オーヴァートン(『トゥルーブラッド』)。長い眠りから目覚めたヴァネッサは、ヴァンパイアの支配下に落ちた世界を救うため、彼らとの闘いに身を投じていく。

悲しい過去を秘めたヴァンパイア兵士で、ヴァネッサと対戦するフレッシュ役は、ヴィンセント・ゲイル(『バトルスター・ギャラクティカ』)。また、ヴァンパイアとの闘いにおいて、チームを導く海兵隊員のテッドにティム・ギニー(『グッド・ワイフ』)が扮する。

『Van Helsing』は、今月22日からカナダのバンクーバーで撮影が始まり、米Syfyにて今秋放送スタート。(海外ドラマNAVI)

■関連記事・『ヴァン・ヘルシング』を女主人公でTVシリーズ化ヒュー・ジャックマン、顔の皮膚ガンをまたも除去ベン・アフレック&マット・デイモンの近未来スリラー、米Syfyでシリーズ制作決定!