良き夫であり良き父で、真面目に仕事に励みながら志を高く持ち、大学にも通っていた男性が今年7月、進行が速い膵臓がんと診断された。男性はあと一息というところで‟学士号を取得する”という夢を果たすことができないまま入院し、キャンパスに戻ることはなかった。そんな時、男性の夢を実現するために職場の上司らが一肌脱ぎ、男性は息を引き取る数時間前に、家族に見守られながら卒業証書を手にすることができた。『WWAY T