オフィス勤務のような仕事では、会社のセキュリティガイドラインに違反しなければスマートフォンをはじめとする便利な機器も自由に使える。しかし日々、危険と隣あわせの仕事場の場合は、そうはいかない。例えば、可燃性ガスや粉塵が発生する工場などだ。こうした仕事場では、危険エリアという場所がある。危険エリアでは、爆発や火災を防ぐために電気機器の使用は制限されているのだ。つまり日常で使っているスマートフォンは使用