◆ 解説陣は若大将への期待語る巨人は最終盤に2点差をひっくり返して、ヤクルトに逆転勝ち。貯金を今季最多タイの「7」に戻し、首位・阪神との「3.5」差をキープした。巨人は2点を追う8回、イニング先頭の4番・岡本和真がマクガフの投じた内角の151キロを捉え左中間スタンドへ6号ソロを放り込むと、1点差の9回一死一二