″美人すぎる貞子″お天気お姉さんとマシュマロ女子の映画シーン再現がヤバイ(前編)

貞子、プラトーンなど様々な映画の名シーンを、いかに美しく再現できるかという対決が先日行なわれた。出場したのは、いま流行りのぽっちゃり女子である芸人「S.O.G.A.」。そして元お天気お姉さんのタレント「麻倉みな」だ。どんなに激しいシーンでも、美人をキープできるかを競うのだ。

ちなみにこの対決をスポンサーしているのは、自宅からネットでDVDやブルーレイを借りることができる「TSUTAYA DISCAS」。現在、無料で借り放題のキャンペーン中なので、DISCASでレンタルした映画やドラマを元に対決を行なっている。
※後半戦はこちら「美人すぎる原始人 vs. 美人すぎない氷の微笑

まずは名作「セーラー服と機関銃」で対決だ。

流行のセーラー服水着がカワイイ麻倉。一方、狂気を感じさせるS.O.G.A.の存在感。ぽっちゃり好きにはたまらなく魅力的なのだろう。芸人9年目だが昨年コンビを解散してから仕事も減り、ピザ屋のバイトで生計を立てている(実話)。その孤独がS.O.G.A.を強くしたのだ。

突然砂浜にあらわれたS.O.G.A.をいぶかしげに見る周囲。
しかし、芸人をやめようか本当に悩んでいる崖っぷちの彼女は気にしない。
この対決に全てを賭けるつもりでいる。


むしろ撃たれた方が「カ・イ・カ・ン」な麻倉のカワイイ射撃スタイル。一方S.O.G.A.はリアルさを追求した実戦スタイルで対抗。女子高生というより、アザラシを撃ちにきた猟師のように見えなくもないが、気合いで不利な状況をくつがえすのだ。

獲物が自然に寄ってくる麻倉に対し、実力で男を撃ち取って捕獲したS.O.G.A.。気合十分のスタートだ。

セーラー服と機関銃のあらすじ
遠い親戚が仕切っていた弱小ヤクザ「目高組」の組長を継ぐことになった女子高生の星泉。組長を襲名すると密輸麻薬の陰謀に巻き込まれ4人しかいない部下とともに、ヤクザの血で血を洗う抗争に関わることになる。
©KADOKAWA 1981


気合十分のS.O.G.A.に対して麻倉みなも負けていない。テレビでお天気お姉さんを務めていた実力派。映画では様々な悪天候が主人公を襲うもの。どんな天気でも笑顔でいられるか試してもらった。

次のように放水機で雨を再現する。すごい水圧だ。
ちなみに一番右の男は天気予報図の板を、指が出ないように額で支えている。


豪雨の中でも余裕の笑みを見せる麻倉。さすが天気には強い。
まるで何かの映画のワンシーンのようだ。


実際にこんな番組があれば、より天気をリアルに伝えられるのではないか。