17年ぶりの全面刷新

写真拡大

カルピスは、乳酸菌飲料「カルピス」のパッケージを全面刷新し、ボトルタイプを2012年4月9日に発売する。

みんなに優しい「ピースボトル」

新しいボトルは「ピースボトル」と名づけられ、長年愛されてきた水玉の包装紙に包まれたビンのイメージを残しながら、時代にあった機能を兼ね備えた新しいデザインだ。

このボトルは、酸素を通しにくく遮光性の高い多層構造で、風味を長く保つことができる。

また、側面をゆるやかなカーブにしボトルの中央部にくびれを作ることで、手の小さな人や握る力が弱い人でも持ちやすい形状だ。さらに液切れが良く、液量が調節しやすいキャップに改良することで、好みの濃さで飲めるうえ、水で希釈する以外にさまざまな使い方ができるというカルピスの魅力をより生かすことができる。

価格は、470mlで483円。