スカジャンを着ていない時のハリウリサさん

写真拡大

“女装をした浜田さん”にそっくり

 ダウンタウン・浜田雅功のものまねで知られる、女性ものまね芸人・ハリウリサさんに注目が集まっている。

「千鳥の鬼レンチャン」(フジ系)内の企画「サビだけカラオケ」で見事な歌唱力を披露するだけではなく、母への思いを歌ったオリジナルソング「ヴィルマ」が話題を呼んで、同番組の最高視聴率を記録。同曲は5月30日に配信が開始、あわせてミュージックビデオも公開された。

その曲の中で、ハリウさんは自身がXジェンダーであることを打ち明けている。これまでのこと、これからのこと。夢を聞いた。(前後編のうち「後編」)【我妻弘崇/フリーライター】

前編【「ブサイクだから歌手は厳しいんじゃない?」と言われたことも…“浜ちゃん”ものまね芸人が、悲願のデビュー曲で歌った「フィリピン人母」への思い】からの続き

 ***

【写真】「浜ちゃんものまね」と同一人物に思えない…カジュアルなファッションで取材に応じる素顔のハリウリサさん

 ハリウさんが、浜田雅功ものまね誕生の瞬間を振り返る。

スカジャンを着ていない時のハリウリサさん

ものまね芸人の先輩たちと楽屋に置いてあるいろいろなかつらをかぶって、何かにつながらないかって試していたんです。おかっぱのかつらをかぶった私を見て、『笑ってはいけないシリーズ』(日テレ系)の定番ネタだった“女装をした浜田さん”にそっくりだって、みんなが笑ってくれて。そのままの勢いでステージに上がると、めちゃくちゃウケたんです(笑)」(ハリウさん、以下同)

 偶然のたまもの。実力派の先輩ものまね芸人たちもほめてくれた。だが、そのネタをもってしても、テレビの壁は厚かった。

見た目が似ているだけで、ものまねのクオリティとしては低いんです。だから、オーディションでは受かりづらくて」

 ハリウさんの得意ジャンルは、あくまで歌まねだ。歌まねであればクオリティに自信がある。しかし、レパートリーこそ多いが、インパクトに欠ける。器用貧乏――。まさにこの状況に陥っていた。ところが、ある番組をきっかけに、その不器用さに光が当たる。

「この番組のおかげで、今の私はあります」

「『ウチのガヤがすみません!』(日テレ系)で浜田さんのものまねをしたら、フットボールアワーの後藤さんが、“似てへんのに、よう自信満々でやるなぁ!”と突っ込んでくれるようになって。私の浜田さんのものまねは、“似てないことを誰かが突っ込むまでがセット”という説明書を作ってくれました。『ウチのガヤがすみません!』は私にとってのターニングポイント。この番組のおかげで、今の私はあります」

 説明書ができたことで、欠けていたインパクトを補うことができた。いまだ、「結果発表〜」「しばくぞ、コラ」「なんでやねん」など浜田ものまねの手札は、驚くほど少ない。そのことを正直に伝えると、「やかましいわ!」と即座にものまねが響く。なるほどたしかに、説明書の有無はものまねの輝きを左右するのだと納得してしまう。

 前述したように、高校時代に通ったボイストレーニングで、ハリウさんは心無い言葉を浴びせられる。しかし、ホリプロコム所属直後から今にいたるまで、ずっとボイストレーニングに通っているという。

「事務所のマネージャーさんに、歌まねをするんだったら歌の技術をアップさせた方がいいと言われて通うようになりました。歌っていると、やっぱり歌が好きなんだなって自覚するんです。歌手へのあこがれが捨てきれなくて、ずっと夢見ていたんですね」

 浜田ものまねで認知されるようになったハリウさんは、地道に歌のレッスンを続け、カラオケ番組などに出場するようになる。そしてついに、「千鳥の鬼レンチャン」の「サビだけカラオケ」で鬼レンチャン(10曲クリア)を果たすまでになる。番組で語られた母・ヴィルマさんとのエピソードが話題を呼び、先日放送された「FNS鬼レンチャン歌謡祭」(フジ系)では、オリジナルソング「ヴィルマ」をフル尺で生歌唱した。

<身体は女 心は男 理解が出来なくて消えたくなった>

 鬼レンチャンを達成した放送では1番しか流れなかったが、歌謡祭では2番の歌詞も流れた。その中に、次の告白がある。

<身体は女 心は男 理解が出来なくて消えたくなった そんな私を母は知っていて 抱きしめて明るく話してくれた 「愛は自由よ それでいいんだよ 何にも悪いことしてないのだから」>

 番組を見ていて、ハッとした人も少なくなかったのではないだろうか。私はXジェンダー。どうしてそのことを歌詞として乗せようと思ったのか。

「『ヴィルマ』は母への思いを語った歌です。この曲は、招待した母へのサプライズとして、私の単独ライブ(2022年)用に作ったんですね。母とのエピソードを書き出し、それをはなわさんが歌詞として整理してくれたのですが、自分の心と体の話は母とのエピソードを語る上で、避けて通れないことでした」

 かつてハリウさんが男性と交際をしたとき、ヴィルマさんは「あなたが男性を好きになるわけがない」と指摘したという。

「母は、あえて触れずに聞いてこなかったんだなって。私は子どもの頃、周りと違う母を憎んだのに、母は周りと違う私を受け入れてくれていた」

 ランドセルを買うとき、紺色のランドセルが欲しいとせがんだ。髪の毛は伸ばすことよりも、短髪を好んだ。母は、ずっと前から気付いていた。

「小学校4年生くらいのときに、好きな子の名前を言い合うみたいなことがありました。私が、女の子の名前を口にしたら、みんながどよめいて。女の子が女の子を好きなのはおかしいんだなって」

 中学生になると、わざと髪を伸ばしてみた。けれども、モヤモヤは晴れず、「このまま生きていくしかないな」と言い聞かせたという。

「私が母のバーターみたいになっていて…」

「隠していたわけではないのですが、オープンにしてもものまね芸人としてはかえってみんなを混乱させてしまうのかもしれないと思って、公表することは控えていたんです。ですが、ものまねだけではなく、歌を歌っていくならメッセージとして意味があるのではないかって。笑いにはならなくても、理解につながってくれたらうれしいです。今はオープンにして良かったって思います」

 実際、オリジナルソング「ヴィルマ」の反響は大きい。

 ものまね芸人としてだけではなく、配信がスタートしたことで、歌手としての第一歩を踏み出した。性をテーマに扱う番組や講演などのオファーも増えているという。

「今は、一番やりたいことをやれています」

 そう胸を張って笑う。

「自分から話しかけることは得意ではないのですが、昔から人前で何かをやることへの自信はあったと思います。歌手として紅白歌合戦にも出場したいし、アポロシアターなど世界的な場所で歌っていきたいです。もちろん、浜田さんのものまねもし続けます。今の私があるのは、浜田さんのおかげですから。ただ……母は浜田さんのものまねに反対しているので、今もその話になるとたまにケンカをするんです。浜田さんには、母が嫌がっていることを知られたくないですけど(笑)」

「千鳥の鬼レンチャン」で獲得した賞金100万円で、念願だった故郷・フィリピンへ、母と父を連れて行った。そのときの様子を聞くと、ハリウさんは楽しそうに振り返る。

「現地で出会った日本人の方がたまたま放送を見たそうで、母の名前は覚えているのに、私の名前は覚えていない。私がヴィルマのバーターみたいになっていて。それに父は父で、自分にも歌を作ってくれって言い始めていて(笑)」

 家族の話をし始めると止まらない。「ヴィルマ」は、たくさんの人に届くに違いない。この物語には、きっと第二章があるはずだから。

我妻 弘崇(あづま ひろたか)
フリーライター。1980年生まれ。日本大学文理学部国文学科在学中に、東京NSC5期生として芸人活動を開始。約2年間の芸人活動ののち大学を中退し、いくつかの編集プロダクションを経てフリーライターに。現在は、雑誌・WEB媒体等で幅広い執筆活動を展開。著書に『お金のミライは僕たちが決める』『週末バックパッカー ビジネス力を鍛える弾丸海外旅行のすすめ』(ともに星海社)など。

デイリー新潮編集部