舟山久美子「やっとできると思っていたのに」三年越しの結婚式を前に不安

写真拡大

モデルでタレントの舟山久美子が7月28日にブログを更新し、目前に控えた結婚式について思いを語った。

舟山は「結婚式の準備も落ち着き2度延期した結婚式がやっと挙げられる…」「…というタイミングでまさかの感染者数が増えていて」「やっと…やっとできると思っていたのに 一気に不安な気持ちでいっぱいになっているのが正直な気持ちです」と吐露。

舟山は、雑誌『Popteen』などでモデルとして活躍し、2019年に一般男性と結婚。2020年に結婚式を予定していたものの、新型コロナウィルス感染拡大の影響で2度の延期に見舞われた。2021年には第一子を出産している。

「毎日準備と育児とお仕事と体型作りに追われては居ますが…」「今は無事に出来る事をしよう」(原文ママ)と前向きな姿勢でいることも報告。そんな舟山に、ファンからは「今度こそ結婚式が無事に進められるように祈ります、お子さんと3人の結婚式を人生の一生の想い出になりますように祈ります!」「私も2度延期して、規模も縮小させて当初予定より2年後の去年11月にようやく挙げました。とにかく皆さんご無事で当日が迎えられますように」と、共感と励ましの声が集まっている。

この記事をブログで読む