清水良太郎容疑者(2012年撮影)

写真拡大

 「ものまね四天王」として知られる清水アキラ(66)が16日、三男で元俳優の清水良太郎容疑者(32)が妻に暴行を加えてケガをさせたとして傷害容疑で、警視庁に逮捕されていたことを受け、報道各社へファクスを通じて「父として大変遺憾に思っております」とコメントを発表した。

 コメント全文は以下の通り

 「今回の息子良太郎の報道を受け、皆様に不快な思いをさせてしまったこと、父として大変遺憾に思っております。

 良太郎を日頃から支えてくれていた妻、ご家族の皆様方にご迷惑をおかけしてしまった事を大変申し訳なくい思っております。本人には誠心誠意罪を償ってほしいです。

 この度は皆様に多大なご心配をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます」

 

 逮捕容疑は9日、都内の自宅で妻を家具に叩きつけ、ケガをさせた疑い。捜査関係者によると、妻が警察署を訪れて相談し、事件が発覚した。

 清水容疑者は17年10月、覚醒剤取締法違反(使用)罪で逮捕・起訴され、父アキラが設立した事務所「清水エイジェンシー」から解雇された。同12月、東京地裁に懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡された。

 前回の逮捕の際に、アキラは都内の自宅で会見を開き「このたびは私のせがれ良太郎が世間をお騒がせし、ご迷惑をおかけしたことを大変申し訳なく思っております。もうバカ野郎としか言いようがない。突き放したいですけど、家族ですから」と号泣しながら謝罪した。