三重県警伊勢署は14日、四日市市野田、建設作業員の男(22)を傷害と逮捕監禁の容疑で逮捕した。

 発表では、男は8月21〜22日、伊勢市川端町の宮川河川敷で、名古屋市の会社員男性(22)をヌンチャクで殴ったり、蹴ったりするなどの暴行を加え、全治約2か月の重傷を負わせた疑い。また、結束バンドで男性の手足を縛って乗用車のトランクに押し込み、約20分間にわたり監禁した疑い。

 同署によると、男は男性と面識はなく、男性と男の知人との間にSNSを巡ってトラブルがあったという。調べに対し、男は「自分の友人をいじめたことに腹が立った」などと話し、容疑を認めているという。