コロナ騒動中に炎上した、岡村隆史、石田純一、手越祐也、山田孝之

写真拡大

 緊急事態宣言がいよいよ関西でも解除されたが、このコロナ禍でSTAY HOME、自粛が求められてきた中、思わぬ「しくじり」を招いてしまったタレント・俳優が、複数登場した。

【写真】ファンによって流出したとされる手越の「自宅写真」

コロナに感染しても批判された石田純一

 まず大きなニュースとなったのが、ナインティナインの岡村隆史の失言だ。自身がパーソナリティをつとめるラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』の番組中、「コロナが終息したら面白いことがある」として、生活に困った女性、しかもその中にはカワイイ女性も風俗店に勤務するようになるという内容の発言をした。

「軽い笑いのつもりだったはずですが、これは完全にダメですよね。結果的に大炎上し、翌週に謝罪、相方の矢部浩之も番組に出演し、お説教ということになりました。志村けんさんや岡江久美子さんなど、芸能界でも亡くなられた方がいるわけですし、軽率以外の何ものでもありませんでした」

 と、ある芸能ジャーナリストは語る。

 謝罪後、同番組は岡村個人のものからナインティナインふたりのものに変更し、岡村のほかのレギュラー番組については、現時点で終了や降板とはなっていない。

 行動での軽率さで批判されたのは、自身がコロナに感染してしまった石田純一だろう。4月なかばにコロナウイルス感染が判明、入院することになった。その数日前に沖縄で経営する店舗の打ち合わせとして、東京では緊急事態宣言下だったにも関わらず沖縄に出向き、しかもそこでゴルフをしていたことが判明。前出のジャーナリストは言う。

「打ち合わせ程度ならリモートでできたのに、わざわざ沖縄まで出向き、ゴルフまで楽しんだというところに、多くの批判が集まりました。石田さんは、“不倫は文化”騒動のころから炎上や批判を浴びがちで、深く考えずに行動するイメージが定着したため、病状の心配より批判の声のほうが大きくなってしまった。感染は沖縄行きより前のゴルフの場だったと言われていますが、回復した今でも同情の声はなかなか聞こえてきませんね」

珍しく「罰」が与えられた手越祐也

 活動面でいうなら『NEWS』の手越祐也だ。自身が感染するなどコロナ騒動こそ起こしていないが、じっとしていられない性格なのか、この2か月で“お騒がせ”を連発した。

 まずは、安倍晋三内閣総理大臣の妻・昭恵さんらと3月下旬に会食し、桜の花の下で記念撮影をしていた問題。「これは私的な会であり、花見の自粛を求められた公園などでのものではない」と首相が説明するなどの問題になったが、花見を我慢する国民から大きな反感を買うことになった。

 さらにその後、緊急事態宣言下に、複数の女性と自宅でのパーティーを開催、そのやり取りのLINEが流出した問題だ。

「まず花見は、昭恵夫人自身がコロナ騒動に関わらず軽率な行動をしがちな人ということもあり、手越とセットで呆れ度を大幅にアップさせてしまいましたね。

 女性との自宅パーティーは、スキャンダルの常連なので“また手越か”程度の反応だったけど、今回は時期が悪かった。そのため、ジャニーズがコロナ支援のために立ち上げたプロジェクトから外されるという“罰”が与えられました。未成年の女子とラブホで飲酒したSnow Manの岩本照など、昨今はスキャンダルにめっぽう厳しくなったジャニーズですから、処分は妥当でしょう」(同前)

 さらには俳優の山田孝之、新田真剣佑らが沖縄でのバカンスを楽しんでいたことも世間を呆れさせることになった。そして国会で話題の人であった、黒川検事長も新聞記者との賭け麻雀が発覚し、辞職願を提出した。

「コロナ自粛により多くの人のイライラが高まる中で、勝手な振る舞いをする有名人には、国民やお茶の間が“自粛警察状態”になっているのではないでしょうか。いまはすべての人の命に関わる事態なので、軽はずみな行動や発言をすることで“裏切り者”的な空気もある彼らが、コロナ前の人気を取り戻すにはかなりの努力が必要だと思います」(スポーツ紙芸能記者)

 コロナの終息の前に、芸能生命の終息とならないよう慎重さが大切だ。

〈取材・文/渋谷恭太郎〉