9月に36歳の不動産会社経営の男性と結婚していたことが分かった加藤紗里

写真拡大

 お笑い芸人の狩野英孝(37)に二股をかけられた疑惑で世間をにぎわせたタレントの加藤紗里(29)が、36歳の不動産会社経営の男性と9月に結婚していたことが12日、分かった。加藤は13日、今年9月25日に結婚したことを認めた。

 共通の友人の紹介で5月に知り合い意気投合。2週間もかからずに交際に発展し、6月にはプロポーズを受ける急展開だった。お相手は不動産会社を経営する36歳男性。名前と年収は非公開としている。

 加藤との主な一問一答は以下の通り。

 ――付き合ってからのエピソードは。

 「付き合ってから1か月ほどでハリーウィンストンの300万の婚約指輪でプロポーズされました。ヘリでプロポーズされたんですが、ヘリの雑音で何を言っているのか全く聞こえず、その後に行ったフレンチのお店で再度プロポーズされた。“結婚してください!海賊王に俺はなる!”と言われた。それくらい財宝をプレゼントされるならありじゃん!?」

 ――婚約指輪は?

 「ハリーウィンストンの婚約指輪オーダーメイド300万くらい。結婚指輪はグラフのオーダーメイドで500万くらい。ほかにもカルティエのラブブレス500万円くらいのを買ってもらったのと、他の指輪も300万円くらい買ってもらった」

 ――どんな家庭を築きたい?

 「紗里はこんな見た目かれしれないけど、きちんと主婦できるんだっていうところを見せつけて、尊敬されるいつまで美しい主婦になりたい」

 ――お相手の好きなところは。

 「紗里に貢いでくれるところ」

 ――離婚する可能性は?

 「ねぇ、今結婚したばっかりなんだけど(笑)。そんなこと聞かないでよ不謹慎じゃーん(笑)」

 ――世界の男性の皆さんに対してメッセージを。

 「人妻になったとは言え、紗里は紗里。世界中の殿方、紗里のことを奪えるものなら奪ってみて。主婦になったとしても紗里の美貌は永遠なりー」

 ――“男は金”と豪語してきた加藤さんですが、結婚してみていかがですか?

 「結局はお金だよ。結婚って『相手』と『お金』とするものだからね」

 ――日本中の男性が“紗里ロス”ですが言いたいことはありますか?

 「多分みんな紗里ロスになってると思うんだけど…まぁー紗里やっぱモテるからねー、紗里が旅立って悲しむ気持ちもわかるけど、ネガティブばかりじゃなくて、少しポジティブに考えよ。『人妻』って肩書きがついた紗里って今までの紗里よりももっと官能的でしょ(笑)」

 ――最後に皆さんに一言お願いします。

 「ラーメン、つけ麺、紗里、人妻」