19日の広島戦の6回1死一塁、床田から死球を受ける筒香(撮影・大塚 徹)

写真拡大

 DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)は22日、筒香嘉智外野手(27)の出場選手登録を「右手小指打撲」のため抹消したと発表した。「キャプテンだから(1軍に帯同させ)様子を見たけど…。重い、苦渋の決断をした。CSまでしっかり治して帰って来て欲しい」。

 筒香は19日の広島戦(横浜)で右手小指付近に死球を受け、20日の巨人戦(横浜)から2戦連続欠場していた。「病院にも行ったが、状態は良くない。それなら治療優先。重要なのは治療して治してもらうこと。たぶんCSには戻ってくれると思う」と指揮官。巨人のリーグ優勝が21日に決まったため、チームは「プランB」として2位でクライマックスシリーズ第1ステージ(10月5日〜)出場を目指している。“精神的支柱”の完全復活を信じて待つ。

 なおCS進出マジック1で迎える22日の阪神戦はロペスが「4番・一塁」で出場する。