星稜・奥川恭伸が165球圧巻23Kで智弁和歌山撃破 24年ぶり夏8強

ざっくり言うと

  • 甲子園・3回戦で星稜は、延長タイブレークの末、智弁和歌山を4−1で下した
  • 奥川恭伸は自己最速タイの154キロを連発して23三振を奪うなど165球を完投
  • 星稜は準優勝した1995年以来、24年ぶりとなる8強進出を決めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング