街コン・恋活パーティを提供するRootersは8月30日に「ブラック企業コン」を六本木で開催する。

ブラック企業従事者のみを対象にした合コンで、ホワイト企業で働く人は参加不可能。今回が初の試みだ。開始時間も21時からと婚活パーティとしては遅めに設定してあるので、少し残業してから参加することもできそうだ。同社はリリースで、

「出会いの障壁となるものを壊していく会社に拘束されて自分の時間を作れない。もちろん恋人を作る時間なんてない。そのような『ブラック企業』に勤めている方限定、癒されながらの婚活・恋活パーティを開催致します」

とコメント。またブラック企業の条件として、「残業時間が月に80時間以上」「仕事が終わる時間が遅い」「上司からのパワハラが多い」「有給が取れない」「時給換算すると最低賃金以下」「離職率の高い職場に勤めている」などを挙げ、

「上記に1つでも当てはまるブラック企業勤務の方、我こそはブラック企業に勤めているという方、ぜひご参加ください」

としている。

21時の参加でも厳しい人のために「何時からでも参加可能」

同社広報担当者は開催の経緯について、「『もっと遅い時間にスタートするパーティはないの?』という声が多く寄せられていたのと、働き方改革といった時代の流れもあり開催を決定しました。現在(リリース当日)10人から応募が来ています」と話す。

ランスタッドの調査によると、日常的に残業している未婚男女のうち「残業によって恋人を作る意欲が沸かない」という人が13.7%、「恋人を作る意欲はあるが、活動ができない」という人が27.6%いた。

Rootersは残業が恋活に悪影響を及ぼしていることが汲み取れるとし、ブラック企業限定のイベントを企画したという。担当者は、

「ブラック企業務めの人は日々お疲れだと思うので、ストレス診断やマッサージ、エステ、ネイルなども用意しています。リラックスした状態になって、恋に前向きになっていただければと考えています」

と話す。

また、「残業が多い職場だと開始時間の21時に来場することが厳しい人もいると思います。何時からでも参加可能なので、是非ご参加ください」と呼びかけた。

定員は30人程度。参加資格はブラック企業務めの24〜36歳の男女で、料金は男性2000円、女性500円。