写真はイメージです(以下同)
<みきーるの女子マインド学>

 6月。「ジューンブライドは幸せになれる」という言い伝えにあやかって、結婚式も増えるシーズンです。友人、知人の式にお呼ばれする人も多い時期ですが、同時にこんなお悩みもたくさんいただきます。

 今回は、けっこう被害者がいる「なぜ結婚しないの? 爆弾」のお話をしますよ!

◆結婚を押し付けてくる、迷惑な人がいます…

相談者:チヅルさん・33歳

【悩】結婚を否定したりしていないのに……『なぜ結婚しないの?』という人にウンザリです。

 会社の先輩たちと、同僚の式に参列しました。彼女が結婚したので独身は私だけになりましたが、今結婚を考えている相手はいないし、特段結婚にこだわってもいません。もちろん、幸せな結婚をした同僚は「よかったな」と思いますし、心から祝福もしています。

 それなのに男性の先輩に『お前はなぜ結婚しないの? 結婚ほどいいものはないぞ! 今はよくてもこの先どうするんだよ?』などとからまれ、とても不快です。

 私は結婚を否定してもいないし、その先輩だって幸せで結構なことだと思うのに、なぜこんなに踏み込まれなくてはならないのでしょうか?」

◆結婚を勧める、男性の真意って?

【答】「結婚しないの?爆弾」を投げる人は、“幸せの最後の1ピース”を人に委ねているのです。

 同僚の祝福に来て「なぜ結婚しないの?爆弾」をぶつけられるとは災難でしたね。その先輩は、なぜそんなことを言うのでしょう?

 それは、彼が“幸せの最後の1ピースを人に委ねているから”だと思います。そういう人は、誰かに「あなたのような幸せが一番です」「私もそんな幸せを目指します」と言ってもらえないと“自分の幸せが完成しない”のです。

「そんなことないよ、なんでこんな幸せなことをしないのか不思議なだけ。この先、どうするの?」などとその人は言うかもしれません。でも、本当に自分の幸せに自信のある人は幸せにさまざまな形があるのを知っていますし、自分と同じ幸せを目指さないことを不思議とも思わないはずです。

◆軽く聞き流そう!

 さらに、幸せとは一度つかみさえすれば「ずっと同じまま持ち続けていられる」とは限らないもの。今幸せだとて、明日には状況が急変するかもしれません。それを知っていれば、永遠に勝ち抜けたような目線で「この先、どうするの?」などと言えないでしょう。

 ちなみに、この男性のように自分の結婚に自信満々だった人が、お子さんの自立を機に「あなたは何もわかってくれない人だった」と奥様に三行半を突きつけられた例も知っています。

 ぶしつけに自分の幸せ自慢をし、肯定を求めてくる人は、「ちょっと迂闊で、本人は気がついていないかもしれないけれど、心のどこかで自信がない」のだと思います。

 からくりがわかれば、あまり腹も立たないはず。「この人って……」と思って、軽く聞き流すのがいいですよ。

 あなたはあなたらしく、自分の幸せを追求してくださいね。

<文/みきーる イラスト/二平瑞樹>

【みきーる】
ジャニヲタ・エバンジェリスト。女子マインド学研究家。応援歴20年超のジャニーズファン。女心を知って楽しく生きるためのライフハック“女子マインド学”を提唱。著書に『ジャニ活を100倍楽しむ本!』(青春出版社)『「戦力外女子」の生きる道』他。Twitterアカウント:@mikiru、公式ブログ:『ジャニヲタ刑事!』