機内で電子たばこ 米航空が利用した乗客の搭乗を終生拒絶する処罰

ざっくり言うと

  • 米スピリット航空で、30歳男性客が飛行中にトイレなどで電子たばこを吸った
  • この男性による今後の自社便の利用は、終生拒絶する処罰が科されたという
  • だが男性は地上で保安官補に協力姿勢を示しており、刑事立件はされなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング