矢部太郎が「電波少年」の危険な企画振り返る 生々しい状況も

ざっくり言うと

  • カラテカの矢部太郎が21日、「電波少年」の思い出を振り返った
  • パレスチナとイスラエル両方の兵士を笑わせる企画があったと回想
  • 「銃を装備した人の前でネタをやった。反応は苦笑いな感じ」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x