SUPER JUNIORからEXOまで「SMTOWN LIVE」香港公演を熱く盛り上げる…現地ファンの視線釘付け

写真拡大 (全2枚)

SMエンターテインメントのグローバル公演「SMTOWN LIVE」香港公演が盛況のうちに幕を閉じた。

「SMTOWN LIVE」のスペシャルエディションとして開催された「SMTOWN SPECIAL STAGE in HONG KONG」は、5日午後8時(現地時間) 香港コロシアムにて開催。

同公演にはSUPER JUNIORのイェソン、ドンヘ&ウニョク(D&E)、SHINee、f(x) ルナ、EXO、Red Velvet、NCTなど、SM所属アーティストが出演し、約8千人の観客を盛り上げた。

今回の公演は香港観光庁が主催し、8月4日から3日間に渡り開催されている「E-Sports&Music Festival」の一環として行われ「SMTOWN LIVE」が香港で開催されたのは今回が初めて。全席完売になるなどチケット争奪戦が激しく、公演前から話題となっていた。出演アーティストは約2時間半、多彩な音楽とパフォーマンス、華やかなステージの演出と完成度の高い公演を披露し、観客を魅了した。

ホバーボード(地面から浮遊し、乗り手が地面を蹴った勢いで前進する乗り物) を使ったパフォーマンスが印象的なNCT DREAMの「Chewing Gum」で幕を上けた今回の公演は、SUPER JUNIOR D&Eの「Oppa,Oppa」、EXO-CBX「Hey MaMa!」など各グループのユニットダンス曲や、EXOのチャンヨルとRed Velvet ウェンディによる「Stay With Me」、EXOのシウミンとNCTのマークによる「Young&Free」、SUPER JUNIORのイェソンとRed Velvetのスルギによる「Darling U」といったコラボレーションステージ、ソロとして活躍しているイェソン、SHINeeのテミン、ジョンヒョン、f(x) ルナのステージまで、見所満載の構成で現地ファンを虜に。

そして今夏を熱く盛り上げているガールズグループRed Velvetの「Red Flavor」、強烈なパフォーマンスに出会えるNCT 127の「Cherry Bomb」、レトロな雰囲気が漂うSHINeeの「1 of 1」など、グループの魅力が発揮されるヒット曲ステージが続き、現場の熱気を倍増させた。そしてグローバル音楽ランキングを総なめにしたEXOの新曲「Ko Ko Bop」で公演の最後を飾り、熱い歓声を受けた。本公演には、林鄭月娥(キャリー・ラム) 行政長官をはじめ、多数の政界関係者も出席して視線を集中させた。観客は公演中、韓国語の歌詞で一緒に歌い、アーティストの名前を叫ぶなど情熱的にコンサートを楽しみ、SM所属アーティストのグローバルな人気を実感させた。