「午前中は執筆に集中していますが、昼ご飯を食べた後はどうしても眠くなる。そんなときは、大好きなゴールデンボンバーの曲をかけて活を入れます」(桜木さん/2015年撮影:本社編集部)婦人公論.jp

親がラブホ経営をしていた直木賞作家 作品でわだかまりに「ケリ」

ざっくり言うと

  • 7年前に直木賞を受賞した桜木紫乃氏の過去のインタビューを再配信している
  • 作品の舞台であるラブホテルを親が経営し、桜木氏も15歳から手伝ったという
  • わだかまりを抱えていたが、作品にしてケリがついた気がすると語っている

ランキング

x