今夏フローニンヘンからPSVへの移籍を果たした日本代表MF堂安律は、25日に行われた古巣・フローニンヘン戦でフル出場を果たした。ブルーマやモハメッド・アミン・イハッタレンに休息が与えられた中、堂安にとっては大きなチャンスだ。しかし、堂安に得点は生まれなかった。チームの3-1勝利にはフル出場で貢献したのだが、目に見える結果を残すことには失敗した形だ。では、PSVのサポーターは堂安のパフォーマンスをどう捉えたのだ