買い取り制度の弊害 2040年ごろには太陽光パネルの廃棄問題が深刻化?プレジデントオンライン

買い取り制度の弊害 2040年ごろには太陽光パネルの廃棄問題が深刻化?

ざっくり言うと

  • 固定価格による電気買い取り制度の弊害について、大学教授が指摘している
  • 太陽光発電への参入が急増した結果、景観の悪化などの問題が表面化
  • 2040年ごろには太陽光パネルの廃棄問題も深刻化する恐れがあるという

ランキング