ロビン・ウィリアムズ

写真拡大

2014年8月に、逝去が伝えられた名優ロビン・ウィリアムズ。彼の、実写映画として最後の作品となった『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』が本日公開を迎え、さらに、公開にともない本シリーズの特別映像も解禁となった。本映像で、永遠に語り継がれる彼の名演を味わおう。

【関連動画】このロビン・ウィリアムズ特別映像はこちら!

本作は、夜のミュージアムで生き生きと動き出す展示物たちの冒険を描き、大ヒットを飛ばした『ナイト ミュージアム』シリーズの最新作であり、最終章。展示物に魂を吹き込んでいたエジプトの石板〈タブレット〉が魔法の力を失い、このままではみんなが動けなくなってしまう。ラリーと仲間たちは、最悪の事態を回避すべく、謎の鍵が眠る大英博物館へと乗り出していく。

ロビンは本シリーズで、愛すべきキャラクター"テディ・ルーズベルト大統領"を演じている。本作の取材終了時には、毎回異なるすばらしい受け答えとサービス精神に感銘を受けたマスコミや関係者から、自然と拍手が起こったという逸話もあるほど、本シリーズへ情熱と愛情を持って参加していた。今回、解禁となった映像は、そんな彼の名演を集めた特別映像だ。

到着した映像では、シリーズ1作目からの名シーンやメイキングが映し出される。そして、ショーン・レビィ監督がロビンへの思い、撮影時の様子を語る映像が挿入されている。ラストには、ロビン演じるテディの「夜が明けるぞ」というセリフが流れ、胸を熱くさせる。

残念ながら、本作が彼にとって実写映画最後の作品となってしまったが、世界中の映画ファンからその死を悼まれ続けているロビン。シリーズを通してメガホンをとったレビィ監督は、そんなロビン演じるテディを"シリーズの心のような存在"だと話し、撮影においても「俳優たちは皆、才能豊かであるだけでなく、"遊び心"を持ってセットにやってくる。このようなシリーズには必要なことなんだ。もちろんその中にはロビンも入っており、彼は特に中心となるメンバーだった」と振り返っている。

ロビンの最後の名演を、永遠に心に焼き付けておきたい。

『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』は本日3月20日(金)より、TOHOシネマズ 日劇ほかで全国ロードショー(海外ドラマNAVI)

■関連記事・戸田奈津子がロビンとの思い出を語る 映画『ナイト ミュージアム』最新作、特別試写会映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』、官能シーンを期待するファンの要望に応え、R18+バージョンの限定上映が決定【動画】ヒュー・ジャックマンのトレーニング風景も! 『ウルヴァリン:SAMURAI』特別映像到着!