1人客用のカウンター席を設けたサイゼリヤ地下鉄赤塚店の店内(東京都練馬区で)

写真拡大

 サイゼリヤは7日、平均的な店舗の4割ほどの広さの小型店を報道陣に公開した。

 パーティションを設置したカウンター席を設け、新型コロナウイルスの感染拡大のもとでも1人客などの取り込みを狙う。必要な設備や人員も少なくして、出店費用を抑える。

 3人程度の従業員で運営できるようにし、当面は料理の持ち帰りはしないという。売り上げの状況を見ながら、出店拡大を検討する。

 外食各社はコロナ禍で店内飲食の売り上げが悪化している。すかいらーくホールディングスが持ち帰り比率の高いから揚げ専門店を増やしているほか、デニーズは宅配に特化した店舗を展開するなど、各社が対策を講じている。