遺体頭部と暮らしていた座間事件の被告 本人にとっては不快ではかった?

ざっくり言うと

  • 座間事件の被告が遺体頭部と暮らしていたとされる件を、東スポが報じた
  • 本人にとって死体は、人々が想像するほど不快でなかったはずだと専門家
  • サイコパシーという感情のハンディキャップが関係していると述べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x