十人十色、いろんな人がいるから世の中は面白い。犬の世界は「十犬十色」と言えば良いのか分かりませんが、いろんな犬がいるから面白いですよね。柴犬・ろんくん(3か月/オス)の飼い主さんも、愛犬の座り方に違和感を覚えたようですが、可愛いため認めているようです。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

 飼い主さんは11月19日、「俺の知ってる犬の座り方と違うのが気になるが可愛いから許す」というコメントと共に、1枚の写真を投稿。写真には、お尻をドテッと付けてあぐらをかくように座る、ろんくんの姿が写っていました。この座り方も、たしかに可愛い……。

 飼い主さんにお話を伺ったところ、普段はわんぱくだけど、ハーネスや服を着せると素直で大人しくなるという、ろんくん。この座り方は時々して、1日の中でも少なくないとのこと。

 この座り方をしたのは、ガウガウ吠えて噛みつこうとしたことを叱った時で、飼い主さんが「お座り」と言ったら、今回のような座り方をしたのだとか。ろんくんにとって、この座り方は反省していることを表しているのでしょうか。逆に反省していないようにも見えますが……。

 しかし、この座り方を見た飼い主さんは「可愛すぎて慌ててカメラを向けた」と言い、ろんくんを叱っていたけど「笑ってしまい、『許す!』と言った記憶があります」と楽しそうに話していました。

 この投稿には、1万5000件以上のリツイートと、12万5000件以上のいいねが付き、「うちの子も、微妙にヘンテコな座り方です」「カワユスでおもしろい座りかたですね」「座り方も表情も可愛いですね」など、多くのコメントが寄せられています。

<記事化協力>
柴犬 ろんさん(@Ronbon_k)

(佐藤圭亮)