42歳の誕生日を迎えた息子が驚くことに…(画像は『Daily Star 2020年9月11日付「Dad waits 28 years to get ultimate birthday revenge on his ‘sarcastic’ son」』のスクリーンショット)

写真拡大

42歳になった時に息子から誕生日カードをもらった父親は、大切にそのカードを取っておいた。そして息子が同じ年齢になる直前に偶然そのカードを見つけ、息子の42歳の誕生日にそのカードを贈った。息子がこの出来事をツイートすると、10万8千件以上の「いいね」が集まり話題になっている。『Daily Star』『Mirror』などが伝えた。

【この記事の他の写真を見る】

イギリス在住のロブ・ウィッツィさん(Rob Witts)は28年前、当時14歳だった頃に父親の42歳の誕生日に手作りの誕生日カードを贈った。カードには「やあみんな! 彼は42歳になったよ。いい年齢だし、もちろん注目なんか浴びたくないよね? 42歳おめでとうパパ!」というメッセージと大きく42という数字が書かれていた。

いたずら好きだったロブさんは、年齢を重ねた父親に対しジョークを込めたメッセージを贈って笑いを誘った。そして受け取った父親はそのジョークに笑いながらも、このカードを大切に箱の中に取って置くことにした。

そして28年の時が流れロブさんが42歳の誕生日を迎えようとしていた頃、父親は28年前に箱にしまっておいたロブさんから貰った誕生日カードを偶然見つけた。すると父親は当時のメッセージに追加して「因果応報ってやつのために十分な時間が経ったと思うよ!」と書き、ロブさんの42歳の誕生日にそのカードを贈った。当時のロブさんが父親に向けて書いたジョークが、その頃の父親と同じ年齢になった自分に帰ってきたのだ。

父親にこのカードを贈ったことをすっかり忘れていたロブさんは驚き、自身のTwitterに「父親がやってくれたよ。僕の42歳の誕生日にカードをくれたんだ。この因果応報には驚いたよ」と実際のカードの写真とともに投稿した。

このツイートには9月19日現在で10万8千件以上の「いいね」が集まっており、28年越しの父親からのサプライズに多くの人が驚いたようだ。コメント欄には「素晴らしい父親だ」「僕も子供達からのメッセージカードを探して同じことをしてみようかな」といった声が寄せられた。

ロブさんは予想外の反響に驚きつつも「父親は最近になって偶然そのカードを見つけたので仕返しをしようと決めたらしい。28年間ずっとこの計画を練っていた訳じゃないよ。とにかくみんなが言っているように、最高の父親だよ」とのちにツイートしている。なおコメントの中には「28年間もカードを取っておいたのもすごいけど、このタイミングで見つけたのもすごいよ」といった声も見受けられた。

画像は『Daily Star 2020年9月11日付「Dad waits 28 years to get ultimate birthday revenge on his ‘sarcastic’ son」』『Unkleaboki 2020年9月11日付「Amazing Dad surprises Rob Witt, 42, with ‘revenge’ birthday card that he kept for 28 years.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)