小木博明が患った腎細胞がんとは 手術で治ることが非常に多い

ざっくり言うと

  • おぎやはぎの小木博明が初期の腎細胞がんであることが14日、明らかになった
  • 腎細胞がんについて「手術をすれば治ることが非常に多い」と医師は語る
  • もともと見つけることが難しい病気だが、偶然見つかることが多いという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x