甲子園で772球の熱投から7年、安楽智大が投げすぎて壊れたの声封印へ

ざっくり言うと

  • 7年前の甲子園で772球投げた楽天・安楽智大がFRIDAYの取材に応じた
  • 「投げすぎて壊れた」の声を封印するために右ひじの手術を受けたという
  • 手術後は状態が良いとのことで、「今はしっかり腕が振れています」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x