中居正広の退所会見は何よりファンのためのものだった

写真拡大

 SNSでの発表で事足りる昨今の芸能界において、なぜ中居正広は記者会見を行なったのか──。2月21日、中居正広が東京・港区のテレビ朝日で会見を行ない、ジャニーズ事務所を退所し、新会社『のんびりな会』を設立すると発表した。独立の話題に留まらず、SMAPメンバーとの不仲説、2016年1月の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)での謝罪についてなどの厳しい質問にも答え、記者もファンも満足する内容だったと言えるだろう。

【写真】マスク、メガネ、帽子で変装した中居正広

 芸能事務所から独立する際に記者会見を開くことは異例中の異例である。しかも、ジャニーズ事務所からの独立会見は、おそらく中居が初めてではないか。たとえば、田原俊彦は1994年3月1日に独立したが、2月17日の長女誕生記者会見で退所の話は出ていない。当時は、一般的に芸能事務所からの独立に焦点が当てられる時代ではなかった。記者からも独立に関する質問はなく、世間の興味もそこにはなかった。

 そもそも、近年では芸能人が記者会見を行なうこと自体が珍しくなっている。1990年代の中頃までは、結婚や出産、不倫など何かあれば、芸能人は必ずといっていいほど会見を開かなければならなかった。誰が決めたわけでもないのに、そんな空気が充満していたのだ。しかし、徐々にFAXでの発表で済むようになり、今ではブログやツイッター、インスタグラムなどでの発信になった。

 そんな時代に、なぜ中居正広は厳しい質問が飛ぶと想定されるにもかかわらず、会見を敢行したのか。根底に、ファンへの想いがあったからに違いない。2018年12月28日、翌年からプロデュース業に専念する滝沢秀明氏が『中居正広のキンスマスペシャル』(TBS系)に出演した時のことを振り返ろう。

 番組後半、大竹しのぶが引退する滝沢氏の人生を思い、「ファンのために生きるわけじゃないですからね。自分のために」と言うと、中居は台本と思われる紙をめくる手を止め、咄嗟に「いやでも、ファンの子、大事です」と遮った。続けて、中居はこんな言葉を発した。

「滝沢にも話しましたけど、僕は、僕個人は怠った人間であって……。『。』で幕引きというのが出来なかったので。僕はその幕引きの経験があったので、どうか、滝沢と(今井)翼……ね、2人には。やっぱりファンの子に。今まで応援してくれた人たちって、やっぱりすごく大事だから、その人たちが次に進める。

 自分たちも進まないといけないけど、応援してくれた人たちやっぱり大事だから。その人たちへのメッセージとして、この番組と2人のショー。やっぱり見たい。最後がどれかわからない、引退試合がわからないまま引退されるようなタレント、選手じゃないと思っていたんで」

 中居は、ファンのために、『。』を打つために、会見を開いたのではないか。

 SNSはたしかに自分の想いを伝えられるが、一方的な発信であることは拭えず、自分に都合の悪いことをわざわざ書く必要もない。

 中居は敢えて記者と対面して、相手が疑問に感じたことを直接聞かれる機会を作った。会見を開けば、どんな質問が飛んでくるか不明だ。シビアな問い掛けもあるだろう。だが、自ら『1媒体5問まで』というルールを設定し、最近の会見にありがちな一問一答ではなく、記者が答えを受けてから突っ込む余地を与えた。そのため、深い話が展開されたのだ。

 ここ数年、ジャニーズ所属タレントの会見は何本かあったが、記者陣が忖度しているという疑念も持たれていたし、質問しているのは懇意にしているメディアばかりではないか、との意見もあった。

 しかし、中居はどんな媒体からの質問も受け付け、しっかり答えた上で、線を引く所は引いた。SMAP再結成の可能性についても、「0ではないですし、『100%ない』とも言えないですね」と答えた。

 中居正広は会見を開くことで、SMAP解散時に打てなかった『。』を自らの手で記した。それは、記者の向こう側にいるファンへの恩返しだったのかもしれない。

文/岡野誠:ライター・松木安太郎研究家。著書に『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記1979-2018』(青弓社)。本人や関係者への取材、膨大な1次資料、視聴率などを用いて1980年代以降のテレビ史や芸能史を丹念に考察。田原俊彦と中居正広の邂逅、SMAPが1990年代にブレイクしていく過程を、社会の変化とともに記している。