東京地検の事務官が捜査と偽り個人情報を入手 知人が金貸した相手を調査

ざっくり言うと

  • 虚偽公文書作成・同行使と強要の罪で、東京地検の事務官が在宅起訴された
  • 事務官は2015年4月、捜査目的と偽って他人の個人情報を入手したとされる
  • 知人が金を貸した相手とその親族の住所などの調査が目的だったとみられる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング