朝8時半からの上映回に、彼女たちは続々とやって来た。これを「朝活」として観終わったら出勤するのだろう、あるいは子どもを学校へ送り出して自由になってから来たのだろう。服装から窺えるライフスタイルはさまざま、だが共通して30〜40代の大人の女性たちが、一人だったり仲間と楽しげに連れ立ったりして、駅近の大型シネコンの中へと吸い込まれていく。

【写真】今度はまさかの五角関係!? 『劇場版おっさんずラブ』の写真を全て見る(6枚)

公開後数日で「私はまだ4回めなんですよ」

 彼女たちの目当ては一つ、不動産屋のサラリーマンたちに起きた男性同士の五角関係(?)を描く『劇場版おっさんずラブ』だ。お年頃の女性ばかりとなれば、開演前に化粧室が混みがちなのはご愛嬌。トイレの順番待ちの列で、女性客同士がツイッターのアカウントネームらしき名で呼び合っている。


©2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会

「私、やっと2回めを見に来れたんです。○○さんって今日で何回めですか?」「私は舞台挨拶も含めてまだ4回めなんですよ。でも関西の○○さんは、もう7回見ていろいろ符合した、ストーリー把握したって、昨日上げて(ツイートして)ましたよね」「見ました! さすが○○さん、強い……」「民(たみ)の中でもラスボス級ですよね。(2次創作)作家さんだから、すぐ(同人誌、またはpixivに?)描いてくれそう」「○○さんが描くはるたん(主人公・春田)、尊いんですよね……」。

 それを彼女たちの背後で無関心を装って立ち聞きする私は公開初日を含め3回め、ちなみに映画公開は8月23日(金)で、4回だの7回だの、これは公開後ほんの数日経ったあたりの出来事である。

Twitter世界トレンド1位へ押し上げた“OL民”たち

『おっさんずラブ』の熱狂的ファンのことを、OL民、略して「民(たみ)」と呼ぶ。彼女たちOL民の力が外の社会に認知されたのは、ドラマの放送時間中、彼女たちが感動のあまりリアルタイムでツイートするドラマ関連ワードがTwitterトレンド欄をジャックし、Twitter世界トレンド1位になったのがきっかけだった。

 放送終了後もドラマDVDが予約販売だけで各サイトの売り上げランキング1位を獲得、ネットのあちこちに「おっさんずラブ」の文字が踊った。DVDや公式ブック、ドラマ関連グッズなどの売り上げは予想をはるかに上回る好調ぶり。『おっさんずラブ』関連収入でテレビ朝日の経常利益にも良い影響があったとの経営陣のコメントは、その努めて控えめなトーンとは逆に、男性同士の恋愛を描く一(いち)深夜ドラマが在京キー局の経営に貢献したという重大なインパクトで、世間に報じられた。

「細分化されたパトロン」がポップカルチャーを動かす

 ファンの愛と貢献が、ポップカルチャーに大きな渦(ブーム)を起こし、経済を押し上げるまでの力を持ち得るのはなぜか。それは、現代日本の「オタク」女性たちの行動特性や購買パターンゆえだ。

 エンターテインメントビジネスの構造をよく理解している彼女たちは、自分たちが好きな作品や作家、アイドルや俳優を「推す(応援する)」という発想から、オリコンなどのランキング入りや雑誌完売、書籍の重版やグッズの再販などを意図して、何ごとも大量に購入する。愛する作品が世界観を順調に継続できるよう、制作が止まらぬよう、キャストや制作者たちを潤わせるのだ。

 彼女たちは、一人一人が「細分化されたパトロン」として作品のスポンサーとなっていることに非常に自覚的であり、チケットであれグッズであれ、何を買うにも早く、大量に、しかも躊躇なく買う。イベントがあれば日本国内を縦横無尽に駆け回って参加し、その地でまた仲間を増やしSNSで繋がる。

アラフォー女性の就業率は8割近い

 その優れて俊敏な動きはいわば「オタ筋」であり、お金に糸目をつけずにもっと買ってあげることができたなら--「私が石油王だったなら」と、誇り高くオタ活を繰り広げるのである。そんな彼女たちにとって、待望の劇場版を10回見に出かけるなど、「映画は逃げないから朝飯前」なのだ。

 総務省が2019年7月30日に発表した労働力調査によれば、女性の生産年齢人口(15〜64歳)の就業率は71.3%で過去最高。そのうちアラフォー女性に当たる35〜44歳は77.8%と、同様に過去最高水準だ。これは、働き続ける女性の増加に加え、一度専業主婦になってから再就職する女性の増加が押し上げたものと考えられている。

「女性活躍推進」の結果、いまや女性の就業者数は3000万人を超えた。社会と繋がる彼女たちが自分で手に入れた購買力と自由な時間が、文化と経済を変える大きな力となる。

手強いファンに見守られる中での映画製作

 2018年ドラマの「台風の目」と言われ、局の経営陣からも期待をかけられ、何よりも熱く作品を愛し続ける手強いファン「OL民」たちが作品にまつわる「公式」の一挙一動を見逃すまいと凝視する中での、『おっさんずラブ』映画化。

 筆者はクランクインの前に『おっさんずラブ』の世界を作り出した脚本家・徳尾浩司氏にたっての願いで対談を申し入れ、その様子を6月発売の書籍『オタク中年女子のすすめ #40女よ大志を抱け』(プレジデント社)に収録させてもらった。

 対談中、徳尾氏も語るように、映画化が発表されると「春田(田中圭)や牧(林遣都)や部長(吉田鋼太郎)の幸せな日常を見せてほしい。これがOL民の総意です」というファンの意見が、直接徳尾氏のTwitterアカウントへどっと寄せられたという。「徳尾よ、お前は何もしなくていい」とばかりに、テレビ朝日や徳尾氏の事務所へファンから完成した台本原稿が送られてきたこともあったほどだったとか。

 少々常軌を逸してしまうのは、溢れる作品愛の証(?)。そんなファンにSNSで見守られる中での映画製作は、さぞかしプレッシャーだったろうと察せられる。

ハラハラの極みで「これぞおっさんずラブ」を実現させた制作陣

「ハラハラするような事件や展開は要らない。ただただ、キャストたちがいちゃいちゃと過ごす穏やかな日常を」--そんなファンの要望に対して、だが貴島彩理プロデューサーや瑠東東一郎監督や徳尾氏に代表される制作陣が出したタイトルはハラハラの極みの「LOVE or DEAD」であり、大爆発を背負ったキャストたちのメインビジュアルだったのだから、さすが彼らは一筋縄ではいかない。

 人を愛することを突き詰めて描くのに、いかにもな悲恋シチュエーションを借りてくるのではなしに、よりによって「おっさん同士の恋愛」に題材を求めながらもあれほどのヒットを放てるチームだ。彼らは劇場版でも豪華キャストの軒並み胆力ある演技力やシネマサイズならではの描画ポテンシャルを活かしながら、「人を愛することの、その向こう側」を丹念に、そして笑えるほど壮大に、緩急使い分けて表現していた。

 ネタバレとなるわけにはいかないので詳細は書けないものの、筆者との対談で徳尾氏が「全てのキャラクターに、その後の展開がある」と語っていた通り、映画は「誰も不幸にならないドラマ」と呼ばれる『おっさんずラブ』らしい優しい未来を示すエンディングを迎える。

 そして貴島プロデューサーが「いま私たちに求められていることは何だろう」と企画段階から熟考した結実として、新キャスト狸穴(沢村一樹)やジャスティス(志尊淳)含むメインキャスト5人揃い踏みのコミカルなシーンは、OL民が歓喜して泣きむせぶような、「これぞおっさんずラブ」とのカタルシスさえ感じさせる出来だ。

社会的な鎧を脱いで真っ正直に愛を語る

 公開初日に見た時も、朝8時半からの回で見た時も、OL民を含む観客はみな物語の中に素直に没入し、驚き、笑い、すすり泣いていた。この時代に大人の女たちがそんなに素直になれるなんて、稀有なことだ。それは『おっさんずラブ』が物語として持つ素直さの賜物。社会的な鎧を脱いで真っ正直に愛を語るキャラクターたちの優しさが、見る者の中にそういうちょっとした隙間を開けてくれるからなのだろう。

 さて、この後にはキャストの舞台挨拶付き上映や、「声出し、サイリウム、コスプレOK」の応援(フィーバー)上映なども控えているし、OL民はまだまだ劇場に通うはずだ(少なくとも筆者は通う)。制作サイドが考えた「いま私たちに何が求められているか」は、民が求めているものを見事に、的確に捉えているのである。

(河崎 環)