車に乗るやバタンと横になった高畑淳子

写真拡大

 息子の晴れの舞台に駆けつけた母に笑顔はなく、憔悴し切った様子だった。8月16日、高畑淳子(64才)は、息子・裕太(25才)が出演する舞台『さよなら西湖クン』を見に、東京・下北沢のB1劇場を訪れていた。

【写真】無精ひげで舞台公演に現れた高畑裕太

 裕太がビジネスホテルの女性従業員に乱暴したとして逮捕されたのが2016年8月。示談成立の末に不起訴となったが、事務所との契約は解除、芸能活動は休止状態が続いていた。その日の舞台で、実に3年ぶりの仕事復帰となる。

「淳子さんが観劇したのは公演初日。到着後、知り合いと挨拶を交わしていましたが、終始神妙な面持ちでした」(居合わせた人)

『さよなら〜』は6人の元高校球児たちの再会の一夜を描いた青春群像劇で、裕太の役どころは“切れやすい職探し中のヒモ男”だ。

「ハーフパンツに派手な柄物のシャツ、無精ひげ、金髪にメガネでキャップ姿と、舞台上でいちばん目立つ存在でした。淳子さんは序盤こそ笑っていましたが、途中から笑顔が消え、裕太さんを注視していました。作中で裕太さんが“過去の失敗”についていじられるシーンは、彼の実生活と重なる部分もあり、ドキッとしましたが、淳子さんは無表情でした」(芸能関係者)

 淳子はテレビ局関係者に「裏方でもいいから、芸能界で働かせられないか」とかけあうなど、裕太の芸能界復帰に向けて陰で奔走してきた。

「今回の舞台は、裕太さんがオーディションで自ら役を勝ち取ったものです。けれど、淳子さんは“厳しい目で見られるから”と演技指導を自ら行うなど、並々ならぬ思いがあった。だから、息子が無事に舞台を終えられるか、祈るような気持ちで見守っていたのでしょう」(スポーツ紙記者)

 その緊張の糸が切れたのだろうか、舞台終了後、淳子は駆けつけた報道陣の問いかけには答えず、帰りの車に乗り込むと、座席をフラットに倒して仰向けの状態でバタンと倒れ込んだ。そして、帽子をかぶったまま赤い毛布で頭まで覆ったのだ。

「車はしばらく止まっていたのですが、その間ぴくりとも動かず、片時も顔を見せることなく会場を後にしました。舞台に上がった本人以上に緊張し、精神的に疲れ果てたのかもしれませんね」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2019年9月5日号