2020年の東京五輪を控え在宅勤務が急拡大 富士通5万、NEC3万人

ざっくり言うと

  • 2020年の東京五輪に向け、自宅で働くテレワークを導入する企業が増えそうだ
  • 富士通は夏に、グループの従業員5万人以上を対象にテレワークを実施
  • NECも3万4000人が体験し、リコーは五輪期間中に大規模に導入するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング