長野県の病院で258gの男児誕生 元気に退院する男児としては世界最小

ざっくり言うと

  • 長野県立こども病院で2018年10月、体重258gの男児が誕生していた
  • 順調に成長し近く退院する見込みで、元気に退院する男児としては世界最小
  • 超低出生体重児の救命率は、300g未満で特に低くなるとされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング