アドビが満を持して送り出すオンライン動画編集アプリ!体験イベントも開催

写真拡大 (全4枚)

テレビ朝日が運営する、クリエイターを志すミレニアル世代のためのオンラインサロン「CREATOR’S BASE」(クリエイターズ・ベース)。

同オンラインサロンにて、Adobe(アドビ)とのコラボイベントの開催が決定した。

今回のコラボイベントは、10月15日(月)に発表されたばかりの最新のオンライン動画編集アプリ「Adobe Premiere Rush CC」を使ったワークショップ。

スマホひとつで簡単に高クオリティな動画制作を実現する具体的な操作方法や活用法を学ぶことができる。

◆「Adobe Premiere Rush CC」とは?

「イラストレーター」や「フォトショップ」などのクリエイター向けソフトを通じて、世界中のクリエイターに絶大な支持を得てきたAdobe(アドビ システムズ株式会社)。

同社が満を持して発表した最新の動画編集アプリ「Adobe Premiere Rush CC」は、動画撮影から基本的な編集、色やオーディオの調整も簡単な操作で実現できる初の“オールインワン”アプリ。

さらに、異なるデバイス間で編集素材の共有が可能なほか、制作したコンテンツを主要SNSにワンクリックで公開できるなど、動画編集をより身近に、より楽しみながら実現できる機能が満載だ。

◆イベント開催も決定

YouTubeやTwitter・Instagramなどで、誰もが短尺の動画を手軽に公開しシェアする現代。ネットの世界が“PCからスマホ”へと広がるなか、クリエイターとして活躍の場を広げるためにも、動画編集スキルは必須となってきている。

そんな中、クリエイター志望の若者が集うテレビ朝日のオンラインサロン「CREATOR’S  BASE」では、いち早く最新のアプリ情報をキャッチ。

グラフィック編集はできても、動画編集は複雑すぎて技術力が足りない…とあきらめていた人たちにうってつけなアプリを、イベントで実際に使ってもらえるとのことだ。

さらに、アニメーション作品のアートディレクションやロゴデザインなどの分野で活躍中のアートディレクター・有馬トモユキ氏の登壇も決定。

参加者には、有馬氏が出す課題に沿ってその場で動画制作に挑戦してもらい、有馬氏から講評ももらえるほか、「『視点』を持つと、クリエイティブはもっと面白くなる」というテーマでのトークショーも開催予定だ。