俳優としてスランプだった梅沢富美男 大物漫画家の言葉が救う

ざっくり言うと

  • 9日の番組で、梅沢富美男は売れないことに悩んだ20歳のころの話をした
  • 石ノ森章太郎氏に進退を相談すると、才能あるからやってみろと言われたそう
  • その後に女形として成功し、「先生の言葉のおかげだよ」と感謝していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング