鳥越俊太郎氏が北方領土問題に持論を展開「火事場泥棒的に占領した」

写真拡大

16日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、鳥越俊太郎氏が、北方領土問題に持論を展開した。

番組では、安倍晋三首相と来日中のウラジーミル・プーチン大統領との日露首脳会談を取り上げた。この話題に鳥越氏は、まず「安倍政権におもねったメディア」が領土問題を声高に取り上げていたため、北方領土返還が進むかのように思われていたと指摘。だが、ロシアは「主権の問題には手をつけない」とし、鳥越氏は議題にもならないとした。

そして鳥越氏は、プーチン大統領がウクライナ・クリミア半島をロシアに編入させたことを挙げ、ナショナリズムを煽った結果、現在の高い支持率を得たのだと分析する。そのため、北方領土の主権放棄は支持率低下を招きかねないとし、ロシアは北方領土の返還をできないと推測する。

鳥越氏は、さらに北方領土について、日本が敗戦直前という第二次世界大戦末期に、旧ソビエト連邦が「日ソ中立条約」を一方的に破棄して攻めこんで来たとし、「火事場泥棒的に占領した」と主張する。続けて、「(ロシアは)盗んだものと言えないので返さないんですよ!」「返して当たり前」と語り、最後まで持論を展開していた。

【関連記事】
鳥越俊太郎氏が安倍晋三首相を痛烈に批判「植民地の代表が行くようなもの」
鳥越俊太郎氏 流行語大賞トップ10入り「日本死ね」を分析「母親の怒りの言葉」
松本人志が今後の安倍外交に懸念「安倍さんひとり正統派レスラーみたい」