お宮参りをした東貴博・安めぐみ夫妻と長女・詩歌ちゃん

写真拡大

可愛いだけではなく、“きれいな”赤ちゃんという表現がピッタリな東貴博(Take2)・安めぐみ夫妻の長女・詩歌(うた)ちゃん。無事に誕生から1か月目を迎え、神社へお宮参りに行った親子3人の写真が、安のブログに掲載されている。真っ白なベビードレスの詩歌ちゃんの気品漂う美しさに、「生後1か月の赤ちゃんとは思えない」と驚きの声があがっている。

4月21日放送の『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)にタレントの東貴博が出演し、素晴らしいイクメンぶりが披露された。ミルクを飲ませたりおむつを替えたりと長女のお世話はもちろん、自分たちの食事を手際よく用意するなど妻を完璧にサポートしている。番組の中で東は“自分も(親に)そうされてきたんだから”と、育児を煩わしいとは感じないと話していた。愛娘と過ごす日々が、親の有り難みをより感じる時間にもなっているのだ。

VTRで詩歌ちゃんの顔がアップになると、「きれいな子だね〜」という声がスタジオから何度も聞こえてくる。“可愛い”より“きれい”と表現される新生児は、あまり聞いたことが無い。新生児にしては顔立ちがハッキリしているだけだなく、涼しい目元に品の良さが感じられるのだ。

4月21日に更新された『安めぐみオフィシャルブログ』には東の地元である浅草神社に、長女のお宮参りに行ったことが報告されている。赤い祝い着を掛けられた長女を抱く安と東の親子3人の写真と、目をパッチリと開けている詩歌ちゃんの顔写真も掲載。番組収録時より日が経っているためか、乳児に対してあまり使わない言葉なのだがより“美しさ”が増しているように思える。ブログに「まだ1か月なのに、お顔が整っていてビックリ!」、「品のある顔立ちでとても美人」とのコメントが続々と入っているのもうなずけるのだ。

ブログによるとこの日肝心の長女の着替えを持参するのを忘れ「反省しました」と、あっけらかんと綴られているのが安らしい。頭の回転が速く何でもテキパキこなす夫と、のんびりマイペースで穏やかな妻。おまけに美男美女という、理想のカップルなのである。

※画像は、『安めぐみオフィシャルブログ』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 みやび)