こんなことは、もう二度と起きないかもしれない。ドイツを下しただけでなく、スペインも倒した。しかも、またしても逆転勝ちである。グループステージは「総力戦」で勝ち抜いた。第1戦では守田英正、第2戦では酒井宏樹と冨安健洋、第3戦では酒井と遠藤航が、ケガの影響でスタメンを外れた。そのなかで、森保一監督はスタメンを入れ替え、システムを使い分け、ドイツとスペインを破ったのである。W杯アジア最終予選の主