Image: Drew Angerer / ゲッティイメージズ ニューヨークの汚れた空気 呼吸をするたびに体内に吸い込まれていくのは酸素だけではありません。粒子状物質、二酸化硫黄とオゾンはどれも心臓と肺を傷つける汚染物質で、たいていはそれらも体内に侵入してきます。ある最新の研究は、汚染物質は心臓と呼吸器系以外にもダメージをもたらしているかもしれないと示唆しています。ひどい大気汚染は人間