人は誰しも、もっと綺麗になりたいとか、カッコよくなりたいという気持ちをもっているものです。コンプレックスを持っていない人はほとんどいないのではないでしょう。通販業界でもコンプレックス商材がよく売れると言われています。そのため、人のコンプレックスをあえて刺激するような広告を出したり、あおったりします。