カーシャンプーは泡立てて使うのが基本!

 頻度に違いはあれども、洗車というのは定期的におこなっているだろう。機械洗車のレベルも上がってきていて、昔のように渦状の洗車キズが付くことも減ってきたが、仕上がりでは手洗いに勝るものなし。と、皆さん思っているだろう。もちろん、プロが丹念に手で洗えば機械洗車には真似できない、レベルの高い仕上がりになるだろうが、ユーザー自らがおこなう場合は微妙だ。もっといってしまえば、機械洗車に負けてしまうことだってありうる。

 ではなぜ負けてしまうのか? その原因は洗車キズにありだ。「自信がないなら、洗車しないほうがまし」といい切るプロもいるほどで、これは極端な意見かもしれないが、程度の差はあれども洗車したつもりがキズを付けていたというのはよくある話だ。それではどこに注意すればいいのか、工程ごとにポイントを絞って紹介しよう。

1)予洗い

 いきなり洗い出すとボディ表面に付いた汚れや砂ぼこりを引きずって、キズが付いてしまう。少しでも落としてやるために、まずは水を全体にしっかりとかけて流せるものは流しておく。バケツに作ったシャンプー水をかけてやるのもいい。

2)シャンプーは泡が命

 泡こそが、汚れを浮かして取り除くだけでなく、クッションとなってキズを防いでくれる。そのため泡立ちにはこだわるのが鉄則だ。希釈タイプなら、バケツに先にシャンプーを入れて、そこに水を勢いよく注ぎ込むと簡単に泡を立てられる。原液タイプはスポンジをよくもんで泡をたくさん出す。

洗う順番や拭き上げ時にも注意が必要だ

3)スポンジにもこだわる

 シャンプー用のスポンジは大ぶりでソフト。しかも大小の穴がいっぱい空いているものとなる。この穴に汚れが取り込まれて、キズを防止してくれる。汚れたら、バケツのなかでもみだしてやる。可能なら、ボディの上半分と下半分でスポンジは使い分けられるとベスト。下半分はドロ汚れもあるので、専用スポンジとしておくと、つぎの洗車時にキズをボディ上部に作らない。

4)順番を考える

 意識していないと、見えたところから手を付けていきがち。もちろんそれではダメで、基本は上から。ルーフを一番最初に洗って、ボンネットとリヤ、そしてドアをやっていく。逆だときれいにしたところに、また汚れたシャンプーが流れてくることになって、非効率的でもある。

5)すすぎ後の拭き上げ

 シャンプーをかけ終わったら、水ですすいで流してやる。その後は水分を拭き上げてやるのだが、使うのはとにかく吸水性がいい、柔らかいもの。塗装には簡単にキズが付くので使い古したタオルや雑巾などはもってのほか。セーム革や人工セーム、マイクロファイバークロスもいい。着古したTシャツも定番だが、使う際は縫い目を取り除いておく。

 そしてこれらでゴシゴシと拭いてはダメ。ボディの上に広げて置いて、それを端から引っ張ってやる。あくまでも一方向。吸水性が良ければこれだけで十分、水分は取り除ける。引っ張ることができない場所でも手で持って一方向にすっと動かしてやる。また、こまめに絞ってやるのも効率アップのポイントとなる。

 とにかく、塗装をこすることは多かれ少なかれキズは付くものと心得て、完璧に防止するのは無理としても、できるだけ減らす努力をすることが大切だ。