昨今、犬や猫に迫る勢いで「カワウソ」が人気になっているのをご存知だろうか。日本では絶滅して久しいこの小動物は、猫カフェならぬ「カワウソ・カフェ」で愛でられるほか、SNSを舞台に“活躍中”だ。だが、そこに「いいね!」を押すのは待ってほしい――。ジャーナリストの瀬川牧子氏が、知られざるカワウソ・ビジネスの実態を紹介する。

 ***

 まん丸の目に、よく動く器用な手、そして人懐っこい動作……。ここ数年、日本でペットとして絶大な人気を誇っているカワウソ。流通するのは主に「コツメカワウソ」という種だ。赤ちゃんカワウソであれば、1匹あたり80万〜150万円ほどが相場で、犬よりはお高い。にもかかわらず、カワウソを扱うペットショップでは、1年以上前から“入荷”を待つ顧客がたくさんいると聞く(寿命は15年ほどだとか)。

ブームの裏の実態は……(提供:World Animal Protection)

 手軽にカワウソと触れ合える場所を提供したエンターテイメント系カフェも人気だ。東京、名古屋、大阪ほか、全国で20以上を展開する業者もある。

 しかしながらコツメカワウソは、ワシントン条約で取引が制限されている絶滅危惧種でもある。日本だけでなく、インドネシア、タイでも空前のカワウソ・ブームが到来しているという。そんな状況に対し今年5月、海の向こうから「警鐘」が鳴らされた。英国・ロンドンを本拠に置く国際動物擁護NGO団体「World Animal Protection」が、「カワウソ ペット反対キャンペーン」を世界規模で展開しているのだ。

 同団体によると、コツメカワウソの主な生息地である東南アジア圏では、過去30年間で約30%個体数が減少しているという。一連のキャンペーンの柱となっているのが、ドキュメンタリー映像の配信である。同団体は現在、YouTubeで『Pet otters:the truth behind the latest wildlife craze(ペットとしてのカワウソ:最新の野生動物の熱狂的人気、その背後にある真実に迫る)』という動画を配信している。

 映像の見所は、動物学の知識を持つ英国人ディレクター、ウィリアム・フォスター・グランディ(William Foster-Grundy)氏と、人気プレゼンテーター、アーロン・ゲコスキー(Aaron Gekoski)氏が、東南アジアの闇市場を取材する場面だ。密猟の仲介人、闇市場、違法売買人などを隠しカメラで収録した映像は、英語音声ながら必見である。

 だが、日本人として見逃せないのが、前段として描かれる日本でのカワウソの扱われ方だ。カワウソ・カフェやカワウソ動画を配信する人気インフルエンサーに密着したほか、匿名の動物保護調査官に取材している。カフェやペットショップにいるカワウソは、“正規に輸入された個体”であることを謳いつつ、その証明書の類はないというのだ。

「(密輸に)詐欺グループやマフィアが関与していると、警察が捜査のメスを入れている」

「日本のヤクザが、経験上、必ず入って(関与して)いると思います」

 と、映像で捜査官は証言している。

製作の狙いは

 視聴者からは〈映像を見ながら吐いてしまった〉〈いつになったら人類は野生動物に介入することをやめるんだ〉といった意見が寄せられたこの動画。その狙いについて、ディレクターのグランディ氏にインタビューを行った。

――この番組を制作するきっかけはなんでしょうか? なぜコツメカワウソをテーマに?

グランディ氏:環境問題や野生動物保護に関心のある映像作家らとチームを組んで、英国発のキャンペーンを昨年から始動しています。「野生動物はペットではない!」がスローガンです。最初にNGO「World〜」が、ペットとして流通している野生動物のリストを作成しました。真っ先に挙がったのが「コツメカワウソ」ということで、第1弾のテーマとなったのです。

 来年には第2弾のキャンペーンを展開する予定です。そちらでは高級皮製品の素材となるニシキヘビの密猟、アフリカの巨大オウムを取り上げるつもりです。

――マレーシア、インドネシア、タイでの取材の模様は?

グランディ氏:ペットなどでのカワウソ市場が大きいことが調査で明らかになりました。インドネシアではFacebookで日々、カワウソの売買情報が交換されていたほど。タイでは密猟は禁止されているにもかかわらず、多くの赤ちゃんカワウソが簡単に手に入ります。と同時に、多数のカワウソが栄養失調、低体重の状態で捨てられているのも報告されています。

――日本の取材はどうでしたか?

グランディ氏:興味深かった。ペットとしてのイメージ宣伝がすごく上手です。違法な暗い影がある、ということを一切匂わせず、カワウソの存在が広まっていますね。私が「カワウソ」と日本語で検索すると「可愛い」「おちゃめ」「人懐っこい」といった、前向きな用語しか引っかかりませんでした。

 カワウソのカフェがあるのも日本だけです。東京、京都など日本国内の8軒ほどを取材しました。また、横浜のエキゾチック・ペットショップにも足を運びました。2匹のカワウソをペットとして買っている、Instagramで有名な女性にも話を伺いました。日本ではペットとしてカワウソを飼うことは合法のようですね。

 そこには、巨大なビジネスが存在しています。現地マレーシアでは1万〜1万5000円で取引されるカワウソが、日本では100万円近い価格で売られている。日本のカワウソを調べている覆面調査員に聞き取りしましたが、カワウソの売買を巡って、暴力団など反社会的組織も関わっていることもあるそうです。

――どうやって、コツメカワウソは日本に密輸されるのか?

グランディ氏:ひとつ気になった点があります。東南アジアから日本に向けてカワウソを持ち出す際に、取引先を「動物園」とすれば、簡単かつ合法的にカワウソを“輸出”できるという抜け道があります。そこに盲点があるのかと。「動物園」と偽って、野生カワウソを個人、ペットショップ、仲介人らが輸入している疑惑が拭えません。インドネシア滞在中、密輸者を隠しカメラで撮影しました。不法に捕まえたカワウソを、日本に輸出している人物です。

――コツメカワウソはペットとして人気です。飼育することについて、どう思いますか?

グランディ氏:カワウソには色々な種類がいるが、中でも日本で人気のコツメカワウソは本当に愛らしい。人を魅了するカリスマ性もある。ペットとして飼いたがる気持ちも分かる。猫とちょうど同じ大きさですし。ただ、1日17キロを川の中で泳ぐ生き物です。狭いアパートで飼うことは賛同できません。またカワウソは、単独ではなく家族単位で死ぬまで過ごす性質があります。これも飼育下で再現するのは不可能でしょう。

 取材の中でわかったことがあります。カワウソを含めペット化された野生動物のうち、じつに80%は悲惨な環境下で飼育され、死んでゆきます。私は、野生動物をペットとして飼うことには反対です。

――英国人はコツメカワウソを飼わないのですか?

グランディ氏:英国ではカワウソをペットとして誰も飼いたがりません。ペットにしている人なんて、聞いたことがありません。扱うペットショップもない。家で飼うことはとても難しいですしね。とにかく匂いがきつい……スカンクみたいです。自宅が動物園になってしまいます。それに、見た目の可愛らしさと違って、本性はタスマニア・デビルみたい。ソファを噛み砕くし、部屋中をずっと駆けずり回っている。野生動物ですからね。

 英国の文化では、野生動物をペットとして飼うことを奨励しません。それは昔、大英帝国時代の教訓かもしれません。100年前、英国は、世界中の動物を捕獲するなど、酷い動物園状態でしたから(笑)。

――日本人へのメッセージを。

グランディ氏:今回のキャンペーンは、決して日本叩きや日本人を激しく非難する意図はありません。伝えたいことは「カワウソをペットとして買う前に、改めて考え直してほしい」ということ。絶滅の状況に追い込まれているカワウソの現状に、高い意識を持ってもらいたいです。

 日本を名指しで非難することはしたくない。しかし日本人は、その事実を見ないといけない。どのようにして取引されているのか。インドネシアなどでは、野生に生息する両親を銃で撃ち殺して、赤ちゃんを捕獲する事件などが起きています。

 日本でカワウソ取引に関する新しい法律が施行されることを願いします。また、カワウソを買わないように、周囲に忠告することも大きな一歩だと。英国では、野生動物の取引に関しては比較的厳しい法律が定められています。そんな背景もあって、野生動物をペットとして飼いたい需要も大きくはありませんから。

拍車をかけるソーシャル・メディア人気

 NGO「World Animal Protection」の最新報告書からも、密猟されたカワウソがいかに酷い環境で飼われるかがよく分かる。そのいくつかをご紹介しよう。

《インドネシアでは、時として、赤ちゃんカワウソを捕獲するために、犬を使って巣を探し出して、親を殺す、巣に放火して炙り出す、電気ショックをかけて気絶させる、もしくは射殺するなどの方法が取られている》

《インドネシアではまた、警察や政府関係者がカワウソ輸出を手伝う上で(※現地ではこうした行為が横行しているという)、匂いを消すために、「腺を取り出す手術」に関与している。よりペットとして魅力的に改造するためである》

《(飼育されるカワウソの)生態系や背景について、飼い主の47%がほとんど調べない、もしくはまったく調べないで購入している》

 Instagramでカワウソを飼う女性に取材したとグランディ氏も述べていたが、人気に拍車をかけるSNSの罪も大きい。インドネシアでは、カワウソ売買専用のFacebookページ があり4万3000人が登録している。タイでは、Facebookにカワウソの写真を掲載するユーザーが、2016年の10万6000人から2018年には20万3445人と、2倍になったというデータもある。

 日本ではどうだろうか? 先の報告書には、

《日本にいるカワウソの数は、正式な形で輸入されたカワウソの個体数よりはるかに多い。輸入に関して、文書偽造が監査を通り抜けるために使われている》

 とある。英国の動物団体がこの点をペットショップやカワウソ・カフェに質すと、「日本産の個体だ」との答えが返ってきたそうだが、本当だろうか? 一夫一妻のカワウソの繁殖は大変難しく、繁殖に成功する確率がとても低い。そう簡単に需要にあわせた供給はできないと、ブリーダーらの間では有名だ。

 最後に、「World〜」代表でキャンペーンプロジェクト総代表のカッサンドラ・コエネン(Cassandra Koenen)氏の警告を紹介したい。

《野生動物が可愛いいからといって、それを理由に家に持って帰ってはいけない。残念ながら、野生動物を「かっこいい」ペットとして紹介しているソーシャル・メディア、インフルエンサー、セレブらがいる。彼らの影響によって、皆、そうした意識の共有を忘れているようだ〉

 You TubeやFacebookでたまたま見かけた可愛いカワウソに「いいね!」する前に、ちょっと考えてみよう。そのカワウソの両親は、いまどこにいるのかということを。

瀬川牧子/ジャーナリスト

週刊新潮WEB取材班編集

2019年7月17日 掲載