フランス『レキップ』によると、パリ・サンジェルマン(PSG)のナポリFWエディンソン・カバーニ獲得は、10日に発表されるかもしれない。

いずれにしても、取引は事実上まとまっている。ナポリは6400万ユーロ(約83億3000万円)を手にし、選手は年俸1000万ユーロ(約13億円)の5年契約を結ぶ見通しだ。

一方、ナポリはがQPRとGKジュリオ・セーザルのレンタル移籍での獲得で合意に達した。これからナポリは選手サイドとの交渉にあたる。同選手にはローマも関心を寄せているところだ。

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長は、J・セーザルに若干の減俸を求めている。いずれにしても、ナポリは同選手を獲得する前に、FWクリスティアン・チャベスを放出して、EU圏外枠をつくる必要がある。

また、PSGのローラン・ブラン監督は、フランス『beinsport』で、ラツィオMFエルナネスについても「正当な理由のある道のりだ」と語った。だが、ラツィオのイグリ・ターレSD(スポーツディレクター)は先日、エルナネスの売却は不可能だと話している。

なお、ラツィオは8日、サントスからMFフェリペ・アンデルソンを獲得したことを正式に発表した。7日にメディカルチェックを受けていた同選手は、5年契約を結んでいる。