シャープによると、コンパクトデジタルカメラ用1/2.3型の光学サイズにおいて業界最高となる2000万画素CCDの開発に成功、サンプル出荷は2012年4月26日から、そして量産は2012年8月から行い、サンプル価格は税込み2300円になる、とのことです。

これによってついにコンパクトデジタルカメラは2000万画素の大台に突入することになります。

業界最高 1/2.3型 2000万画素CCDを開発、発売 | ニュースリリース:シャープ
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/120413-a.html


この光学サイズ1/2.3型CCDはシャープの従来のものよりも約20%サイズを小さくした1.20μm角の画素セルによって開発されており、独自の集光技術で画素セルを小さくしながら取り込む光量の増大を図り、従来と同等の感度105mVを達成、さらにハイビジョン出力((720p/30fps)にも対応しているとのこと。


現時点で調べた限りでは、代表的な各カメラメーカーのコンパクトデジタルカメラにおける画素数は以下のようになっています。

◆ニコン:最高1610万画素
http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/


◆ソニー:最高1820万画素
http://www.sony.jp/cyber-shot/lineup/index.html


◆キヤノン:最高1610万画素
http://cweb.canon.jp/camera/dcam/comparison/index.html


◆カシオ:最高1610万画素
http://casio.jp/dc/products/


◆富士フイルム:最高1600万画素
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/index.html


◆オリンパス:最高1600万画素
http://olympus-imaging.jp/product/compact/


◆PENTAX:最高1600万画素
http://www.pentax.jp/japan/products/


参考程度に、AppleのiPhone 4Sは現時点では「800万画素」となっており、実際にコンパクトデジタルカメラに通話機能を搭載したような各社のスマートフォンでは一部の例外を除くと1600万画素クラスまでは届いているので、あとはいかにしてキレイに処理してくれるか、という部分が差別化のポイントになっていきそうです。

なお、おそらくスマートフォンのカメラにおいて現時点で最高の画素数を誇っているのは「Nokia 808 PureView」で、約4100万画素(東芝などと数年がかりで協業して開発)となっており、数日前ぐらいから予約開始済み、価格は599ユーロ(約6万3000円)となっています。

Nokia 808 PureView
http://europe.nokia.com/find-products/devices/nokia-808-pureview


が、ノキアは日本から撤退しているので国内での発売予定はありません、残念です。

・関連記事
スキャナを改造して1億3000万画素のデジカメを自作した全記録をネットで公開中 - GIGAZINE

1億6000万画素の超巨大デジタルカメラ - GIGAZINE

キヤノンが世界最高となる約1億2000万画素のCMOSセンサーを開発 - GIGAZINE

ついに5000万画素のデジタルカメラが登場 - GIGAZINE

800億画素の超高精細パノラマ写真、ロンドンの街並みを360度見渡せる「ロンドン80ギガピクセル」 - GIGAZINE

世界最大、どこまでもズームできる450億画素の超巨大なドバイの風景 - GIGAZINE


記事全文へ