5月29日、お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦が、自身のユーチューブチャンネルにて『【松本人志への提言】THE SECONDについて』とのタイトルで動画を投稿。

「松本色が濃すぎておなか一杯になっちゃっている」「審査員、ちょっと何個かやめてもらえないですか」「1つは爆笑問題さんに譲って」などと、約40分にわたって松本批判を展開した。

「動画で中田さんは、漫才・コント・大喜利・漫談というお笑いの主要ジャンルにおいて、いずれの賞レースでも松本さんが審査員を務めていることを問題視。

 本来はネクストスターを発掘する場のはずが、1つの価値基準以外の才能がこぼれ落ちてしまっていることを嘆き、なおかつこれだけ審査員を務めても松本自身を超える才能を見出せていない、と指摘しています」(芸能ライター)

 動画内で、中田が霜降り明星・粗品の名前を出したことに、相方・せいやがブチギレ。また、オリラジ・藤森慎吾が相方の意見に反論するなど、“場外戦” も勃発。

 一方、脳科学者の茂木健一郎氏が「中田敦彦さんが、松本人志さんを批判されていて、とても偉いと思う」と支持に回るなど、賛否入り交じりながら世間の大きな関心事となっている。

 そんななか、ネット上で飛び交っているのが、松本がMCを務める『まつもtoなかい』(フジテレビ系)での直接対決を熱望する声だ。

 中田は、SNSやYouTubeで松本批判を繰り返す理由について「松本の番組に呼ばれないから」と明かし、サシで話せる番組があるなら、松本に直接もの申すこともやぶさかではないとの姿勢を見せている。

「『まつもtoなかい』は、香取慎吾さんをゲストに迎えた初回こそ視聴率2桁を記録しましたが、以降は5%台に半減。北川景子さん、広末涼子さん、小栗旬さんなど一級どころをキャスティングしているにもかかわらず、苦戦が続いています。

 このタイミングで中田さんを番組に呼べば、香取さん以上に話題を呼ぶのは確実。

 松本さんは《テレビとかYouTubeとか関係なく2人だけで話せばいいじゃん。連絡待ってる!》とツイートしましたが、コソコソ裏で話すのではなく、ぜひ番組での “タイマン勝負” を受けてもらいたいものです」(前出・芸能ライター)

「松本1強」状態がお笑い界の発展を阻害しているのか、中田との熱いトークバトルが実現すれば見物だが、はたして「松本、動きます」となるか。