男性心理を理解!【忙しい男性】への効果的なLINE4選!

写真拡大

好きな男性がいるけれど、とても忙しそうだからなかなかアプローチしにくい、LINEしにくいと思っている女性は多いもの。

この記事では忙しい男性への上手なLINEでのアプローチ方法をお伝えするので、是非参考にしてみてください。

■仕事の時間にはLINEをしない

好きな彼の、大体の勤務時間が把握できているのであれば、とにかく仕事中にはLINEをしないということが大切。

それだけで「気を遣ってくれてるんだな」と感じたり「空気が読める子だな」などと思ってもらえることがあります。

どうしても連絡をしたい時には「仕事中ごめんね、返信はいつでもいいよ」などと一言添えることが大切です。

■返信を急かさない

これは基本的なことですが、LINEをして既読がついても返信がない。だからと言って返事を急かすのはNG。

急かされた時点で「忙しいのに何だよ」とストレスを感じてしまって、関わりたくないと思ってしまうでしょう。

何日も既読スルーされている時には、きっぱりと潔く諦めることも時には必要です。既読スルーは脈ナシと捉えて、次への行動に移しましょう。

■無駄なやりとりをしない

よく、何を送っていいのかわからないのでとりあえずスタンプを送ってみた…なんて方もとても多いもの。

ですが、忙しい男性は意味のないやりとりをすることにストレスを感じるものです。伝えたいことがあるならばきちんと言葉で送るようにしましょう。

スタンプだけを連続で送って来られてもただのストレスになってしまうので、注意してくださいね。

■短文で何回も送らない

よくありがちなのが、短文のLINEを何回も小分けにして送るパターン。これは相手にその回数分通知がいくのでかなりのストレスになります。

何か伝えたいことがある時には、1回の通知で済むように1つの文章に簡潔にまとめることが大切。

とは言っても長文で送るのはNG。とにかく分かり易い、そして伝わりやすい文章を意識しましょう。

■忙しい男性へのLINEの回数は最小限にしよう

忙しい男性は、ちょっとした時間を効率良くしようと動いていることが多いもの。そんな男性の時間を奪ってしまわないように気を遣うことが大切。

LINEをする際はとにかく最小限にするようにしてください。そして、相手に考えさせるようなLINEをしないように、簡潔な文章で送ることがポイントになってきます。

(ハウコレ編集部)