「番組で何度も都市の再開発問題とか、地上げの問題を取り上げましたけど、今度は日曜午後1時の枠が再開発で地上げにあっちゃった。まあ因果応報ってヤツですね(笑)。僕らのような高齢者ばかりの番組はリストラです。若者へシフトしていくというテレビ業界の流れには抗し切れないんです」

【写真】この記事の写真を見る(7枚)

 そう語るのは、今年3月28日に地上波での放送を終えた「噂の!東京マガジン」(TBS系)で31年半、総合司会を務めてきた森本毅郎(81)だ。

“テレビ版の週刊誌”をコンセプトに日曜午後1時に放映されてきた同番組は、この時間帯トップの世帯視聴率を誇っていた人気番組。ご近所トラブルや行政の怠慢などの現場を取材する「噂の現場」、若者が様々な料理に挑戦する「やって!TRY」などの名物企画が人気だったが、4月からBS-TBSへ移行することになった。地上波の後番組としては、人気グループSnow Manのバラエティ番組「それSnow Manにやらせて下さい」がスタートしている。

「文春オンライン」のインタビュー取材に応じた森本は、31年半の番組の思い出、地上波を終えた心境、テレビ界が直面している現状について本音で語り尽くした。(全2回目の1回目/#2を読む)


森本毅郎氏(事務所提供)

◆◆◆

「僕らのような高齢者ばかりの番組はリストラです」

――「噂の!東京マガジン」の地上波の放送が終了する話が出たときは、複雑な心境でしたか?

森本 いや、いや。それはないんです。これまでも随分、自分の番組が打ち切られたし、自分から降りた番組もある。いろいろ番組の節目を経験してきましたから、いつも「必ず番組には終わりがくる」って意識していますからね。「噂の!東京マガジン」は30年以上も続いていたわけですから、「いつ終わっても仕方がないな」とは思っていました。

 ですから、局から「一旦お引き取り願いたい」って言われた時も、私は「あ、そうですか」とさっぱりしていたんですよ。一応やるべきことはやって来たな、という達成感もあった。因果応報というか、僕らも番組で随分と他人様の都市の再開発問題を取り上げましたけど、今度は自分たちの日曜午後1時の枠が再開発で地上げにあったわけです(笑)。言ってみれば、僕らのような高齢者ばかりの番組はリストラですね。若者へシフトしていくというテレビ業界の価値観には抗し切れない。とはいえ、BSで番組が生き残ったのはとても恵まれたことでした。

――どのような経緯でBSへ移行することになったのでしょうか。

森本 番組は終わってしまってもおかしくなかったんです。だけど地上波で「ひと区切り」って話になった後で、BSのほうから「来ないか」っていう話がきた。そこから話が展開したんです。

 正直なところ、自分の意識の中では「終わりだ!」と一旦収めましたよ。だから「BSに引っ越し」となると、エネルギーを入れ直さなくてはならない。結構考えましたね、歳も歳だし。今回をもって、テレビの世界からは身を引くのも悪くないかなと。

 ケリをつけるといっても悲壮感はないし、「そういう時期だな」という納得もあったんですが、ほかの出演者に聞いたら「BSに行こうよ」って言うし、「あんたが来なきゃ話にならないだろう」って話になった。「じゃあ、もう一回立ち上げるか」と、自分の気持ちを整理し直す作業があったんです。

――BSに移行後も、レギュラー陣の井崎脩五郎さん(73)、清水国明さん(70)、山口良一さん(66)、笑福亭笑瓶さん(64)、風見しんごさん(58)、深沢邦之さん(54)、それにアシスタントの元フジテレビアナウンサー小島奈津子さん(52)らが変わらず出演しています。「もう一度BSでやろうよ」と一番強く訴えた方はどなただったんですか?

森本 それはね、意外にみんな一致してましたね。誰一人「もういいよ」って言わないんですよ。BSとなると番組制作費も下がるので、出演料も下がるわけですよ。それぞれ所属しているプロダクションの人を含めて考えたと思います。

――続投を後押ししたものは何だったのでしょうか?

森本 金に代えられない何か、番組に対する愛着でしょうかね。例えば笑瓶ちゃんにしても、国明さんにしても、山口さんにしても、これまでそれぞれの分野で大活躍してきた人たちですよね。そんな人たちが集まって番組をやっていく時に、なぜ30年も彼らを惹きつけたかといえば、いわゆる最近のバラエティ番組とは違う自分、生地の自分を発出できるからだと思います。そういう充足感が新鮮だったんじゃないかな。それは見ている人にも伝わるんだと思うんです。これ“バラエティ力”だと思います。

“スキャンダル”から始まった番組だった

――さかのぼること31年前。1989年10月1日に「噂の!東京マガジン」がスタートしたのは、どのような経緯だったのでしょうか。

森本 経緯は、自慢になる話じゃなくてね。僕が写真週刊誌に撮られちゃったんですよ(笑)。それでしばらく謹慎していた。そしたら、当時のTBSの役員から「日曜の朝10時を森本さんにあげますよ。好きなことをやって楽しんで下さい」みたいなことを言われて。当時日曜の朝10時は再放送番組の枠でした。期待もされないし、話題にもならない時間帯でした。番組名は「TVジャンクション」という、エモヤン(江本孟紀)や加賀まりこさんがレギュラーの番組が始まるんですけど、あんま上手くいかなかった。

 それで、今の「噂の!東京マガジン」っていう番組を新たに作り直した。初めは、「東京スキャンダル」っていう案も出たんだけど、私の不祥事から生じた番組なのにギャグにもならない(笑)。そもそもは、タイトルに“噂の”と付けたように、遊んだ番組だったんですよ。

――今では硬いテーマも扱う社会派の番組というイメージがあります。

森本 番組が始まった当初は肩に力が入っているわけではなくて、いろんな企画を取り入れていました。鉄道の駅を延々と訪ね歩くような地味な企画もあれば、新興宗教を追っかけ回すような結構危ない企画もあったんですよ。その中で「若い子に街中で料理やらしてみよう」という話になって、始めたのが今も続いている「やって!TRY」。これも初めは月に1回くらいの割合でやっていたのが面白いということで、レギュラー化していきました。

「噂の現場」で行政の歪みを追及

――番組ではよく地方行政のトラブルを追及されていましたが?

森本 だんだんと週刊誌でいうところのメイン記事は、「噂の現場」という企画になっていったんです。どうせやるなら硬派なものをやろうと、都市の再開発問題や道路問題、ゴミ問題に税金の無駄遣い。墓地霊園の開発問題、そういうものを何回もしつこく取り上げて、地方行政の歪みを追及した。当時はリポーターが役所に行って「噂の!東京マガジンです」って取材を申し込むと、身構えられたものです。今で言えば「文春ですが」って名乗るようなもんですよ(笑)。

――鋭く事件に切り込んで行く中で、森本さんや番組にクレームなどはなかったんですか?

森本 それは結構ありました。当事者の目はシビアです。対立する側から「お前はあっちに肩入れしているんじゃないか?」って怒鳴り込まれることもあったし、私の事務所に電話がかかってくることもあった。しかし、時代の変化とともに社会の目が段々と厳しくなり、テレビ局も神経質になっていった。番組に「あんまり揉めんなよ」って、プレッシャーもかかるわけです。

 30年も歴史があると、当初に比べるとテレビを取り巻く環境が随分変わってきたのが分かるんですよ。いろいろな倫理規定が整備されて、それに合わせて放送も行儀良くなっていった。だから、近年は「番組の切れ味がちょっと鈍いんじゃないの」って言われることも正直ありました。そこは非常にもどかしいところですが、リスクを回避することがだんだん増えて、その分、確かにトゲが無くなったかも知れません。

――60年近くテレビ業界を見てきた森本さんは、この数年の変化をどう受け止めていましたか?

森本 「噂の!東京マガジン」のような現場に行く番組がテレビ界から随分減りましたよね。ボードに張り付いている紙を引っ剥がして説明する番組が多いじゃないですか。紙芝居みたいに一枚一枚剥がして済んじゃう番組が主流になった。現場を踏もうとすると、それだけしんどいし、問題も起こりやすい。リスクもある。だけど、「噂の!東京マガジン」はそこだけは生命線で守り続けてきた。扱っているテーマは、テレビ、新聞が大きく取り上げる問題ではなくても、「これちょっと無視しちゃまずいんじゃないの」っていう出来事をピックアップできたのは現場主義だから。その姿勢はずっと貫いてきました。

高齢化番組でも「取り上げているテーマは古びていない」

――過去には白髪率が一番高い番組と揶揄されたこともありますね?

森本 出演者や私もそうですけどみんな歳をとって、高齢化番組の代表になりました。ネットなんかでは“老害番組”なんて言われた。でも、取り上げているテーマが古びたかといったら、私はそう思わないです。

 日本は高齢化社会になったけど、高齢者には優しい社会ではない。国も「長いこと働いて自活して欲しい。医療費も助かるし」と言っていますけど、世間一般の意見としては高齢者が元気過ぎちゃうと「鬱陶しい」って言われる。かといって医療機関に世話になるのも問題。つまり、元気でもダメ、病気でもダメっていう“邪魔臭い存在”なのでしょうね。だから高齢者は目立っちゃいけない。声高に自己主張してもいけない。「すいませんね。お邪魔しますね」って言いながら、身を低くしてひっそりと社会を漂うというのが、一番生きやすい道になっているんです。

――BSではどのような番組になりますか?

森本 今悩んでますよ。例えば「やって!TRY」。看板コーナーになった一方で、時代の変化に晒されているコーナーです。昔は料理のできない若い人が料理をすることで笑いもとったし、それを諭すのではなくて、専門の料理人が「こうやってすると美味しくできる」という方法を啓蒙していくコンセプトでやってこれた。

 でも時代が変わってきて、男女平等の社会が強まって行くと「何で料理するのが女性だけなんだ」「いつまで料理のできない女性を笑ってんだ」という批判もあった。私はそれを無視できなくなってきて、「いつまでも若い女の子に料理させているんじゃダメだ」ということで、男性も加えた。けど、意外にやってみると男性の料理が美味かったりするんですよ(笑)。とはいえ、そういう形をとったとしても、いずれ限界がくるかなと思います。今、スタッフと「もっと年齢層を広めよう」という話をしていて、新しいコンセプトを考えている最中です。(#2に続く)

「民放の真似して受信料もらって、NHKは恥ずかしい」森本毅郎(81)から“愛する古巣”への苦言《独占告白》 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))