拳を握るトランプ米大統領=8日、南部フロリダ州(AP=共同)

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズは8日までに、11月の米大統領選で劣勢のトランプ大統領の陣営が広告費などに多額の支出をした結果、資金不足に陥る可能性があると報じた。トランプ氏は同日、記者団に「もし必要なら自己資金を投入する」と表明。AP通信によると、最大1億ドル(106億円)をつぎ込む意向を示しているという。

 ニューヨーク・タイムズによると、トランプ氏は2017年1月の就任日当日から再選に向けた選挙活動を当局に届け出て、資金集めを開始。昨年4月に出馬表明した民主党のバイデン前副大統領を資金面で大きく引き離し、今年春で2億ドルの差をつけていた。